amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 2014年8月 | トップページ

職場の整理整頓)おもいがけず、今のわたしに必要なギフトを得る

職場にて。
月に1度は引き出しを整理します。
隣の席の人がいない時間帯をねらって計画し、おもいきりやります。
書類は全部出して、半分を目標に捨てます。

昨日は半期の節目でもあったので、
日頃触ってなかったロッカーも含め、半日かけてお片付け。
書類から、なぜか取っておいた小物類から、もう捨てた捨てた。
引き出しもロッカーもそれぞれ半分くらい空きました。

捨てただけではなく、3つほど拾いモノもしました。

ひとつは、なぜかしまい込んでた書籍数冊。
オイシソウなものもあったので、ロッカーの空いたスペースに
見えるように格納しました。
計画してざっと読んで、できることを探してメモとったら処分します。

ふたつめは、7~8年前に社内および社外で
グループ研究活動に参加していたときのoutputです。
実はアタマというかキモチのなかで
「そのときはちゃんと熱心に研究してちゃんとまとめたけど、
 現実の仕事ではできてないな」
と思い込んでいました。

でも昨日ざっと読んでみたら、意外に
「もうできている・足りないところもある→この半年の課題にもできそう」
という中身でした。
なにより、
「ここに書かれていることを、なぜやる必要があるのか」という、
そのoutputに込めたパッションを思い出せたのはよかったです。
場所を決めて、すぐ読めるように引き出しに保存しました。

みっつめは、自分の仕事上の「業績評価」の記録。
半年に一度の上司との面接シート、その面接の結果ついた成績の表、
年度アタマにもらう等級と給与の表。
それぞれ過去16年位(ほぼ育休明けから)。
引き出しの奥につっこんでいて、過去だし捨ててもいいかと思ったけど、
今回はあえて、わかりやすい場所に保存することにしました。

思い込んだり、慣れてしまわないよう、
自分の経過を「見える」ようにする。
別に、過去にこだわるというのではなく、
決意あらたに次の半年にトライできるように。
半日かけて整理、整頓、掃除をした甲斐があったというもの。
よしよし。

ついでにいうと、

先週から、「仕事上で必要な紙類」を自分のスペースにしまい込まず、
フォルダの構造と廃棄期限を決めたうえで
同僚にファイリングしてもらうようにしました。
思いつきで始めたつもりだったのですが、

「ルールを決める・たえず改善する」
「適度に複数の人の手をいれる」
「第三者に見えるようにする」ことで仕事は改善する。
実はこれは昨日発見したoutputのコンセプトでもあったのです。

ものごとは意図しないタイミングで、
ある日変化することもあるかもね。

今日も皆さま、おすこやかに。

習慣になるにはタイミングがある

こんにちは。

最近、1年~5年前位のビジネス書を図書館で借りて、
1冊から数個「これはやってみよう」というのを選んで
実行してみています。

知識は、自分の経験を通してこそユニークなものになる。
これ自体、ビジネス本にのってたことの受け売りです。
で、そのうちのいくつかは面白い習慣として定着しつつあります。

毎日歩くことから始まって、毎日走ることへシフトできて、
体力も持久力もついてきました。
玄米食や味噌汁中心の食生活で、腸内環境もよくなりました。
早起きもできるようになったし、行動や判断も少し早くなったかな。

これらは半年前には想像してなかった習慣です。
これまで何度もやろうとして挫折してきたことも含まれます。
自分の努力もあるけど、
それだけが続いている理由ではないように思います。

早起きを可能にしたのは多分に「年齢」だし^^; 
毎日歩けたのは職場の先輩方から刺激をうけたり
全国の人たちと競い合ったから。
玄米食は大切な友人との出会いから。
毎日お風呂場とガスレンジの五徳を洗うのは、
プロのハウスクリーニングに入ってもらって一度キレイにしたら
コゲやヨゴレのつくのがもったいないと思うようになったから。

でも、ひとつの理由から、ひとつの行動ができるようになった、
のではなく、
全部、ぐるっとつながっているとおもうのです。
タイミングがよかったとしか、いいようがないとも思います。

習慣になるには、環境の整えることと、
それをできる・受け入れられるタイミングがあるように思います。
どんなに一生懸命にやろうと思ってもできなかったことを、
ある日突然、できるようになる。
逆に、できなくなることもある。

どんなにお金を積んでも、リバウンドしても、やめちゃったとしても、
それは「私がダメなんじゃない」。
環境やタイミングの整っていない、今はまだ、ということだってある。

習慣にできないことを、
自分の努力不足だとか至らなさだとかを理由にして責めない。
できていることを探して、もっと面白がっていれば少しずつ増える。
年齢すら!それを助けてくれる。
やらなくても、捨ててしまっても、いいことだってある。

大丈夫だよ、できるときにできるから。
というか、もう、できてるじゃんね。

これが習慣に対するわたしの今の考えだったりします。

なにか、あなたを支える習慣の生まれますように。
みなさま、どうぞ、おすこやかに。

人生初めてのクッキーづくり

おはようございます。

人生初めてのクッキーづくりに挑戦しました。
そんなことは、もっと幼少期に終わらせておけ
という感じですが

ネットでみた
ナッツを抱いたくまのビスケット
とてもかわいくて
つくるの簡単だっていうから、つい調子に乗ったわけです。

いや、しかし。

たしかに生地までは作れるのだけど、
どこまで延ばせばいいのか、とか
型ぬいたのはいいけど、ナッツ抱かせようとしたら
手とれちゃった、とか。
はっ、と気づくと、いい色越えた焼き上がり、とか。

友達に分けて「おーっ」とか言われてみようか
という下心は、今回は崩壊^^;
家族にすこしあげて、
後は自分で食べました。
味は、まあまあでした。

これから、友達の手づくりお菓子を
おいしくいただくだけでなく
より、実感をこめて感謝の意を表せそうです。
というだけでも、やってみた甲斐はありました。

なにごとも、やってみて初めてわかる、ということで。

今日もみなさま、おすこやかに。

« 2014年8月 | トップページ