amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 作品で伝わるもの | トップページ | 毎朝のジョグ »

掃除)プロの手を借りて「見て見ぬフリ」をやめるデトックス

こんにちは。おひさしぶりです。

最近、自宅の模様替えを機に、モノを捨て、モノがうごき
それにしたがって、掃除のできる空間が増えてきました。

掃除って、ある程度、空間がないと、できないです。
・・・というくらい、レベルの低い話ではあるけど
いや、だからこそ!ということで続けます。

エアコンから黒いほこりがぼたぼたおちてくる、という
シンジラレナイ現象を、数年見て見ぬフリをしたのも
エアコンの下に脚立をおく「空間」をつくれなかったからです。

それが、掃除を重ねるにしたがって、できてきた。
このチャンスを逃したら、もうエアコンは掃除できない。
ということで、プロを頼みました。

私はコープみらいの組合員なので
コープサービスのハウスクリーニングへ。
http://service.coopnet.or.jp/home/01_seiwasyokai.html

20年近く使っていて、シロウトの数回の掃除はあまりパッとせず
以来、まったくあきらめていたエアコンの
壮絶な、なんだかわからないまっくろなヨゴレは、一掃。
私の長年のストレスも一掃♪
エアコンはとくに、フィルターの奥の、熱交換機については
プロにまかせたほうがいいと、つくづく思いました。

プロの掃除を、この目で具体的に観る、ということも
けっこう勉強になりました。
実行するまでの準備、そして具体的な手順。

なにより、よく冷え、空気のキレイになる実感!

いったんキレイになると、
そのエアコンをちゃんと「自分でみる」ことができます。
マメにほこりを払うとか、定期的にフィルターを掃除するとか
そういうことが、できるようになります。
掃除に対するハードルが下がり、モチベーションがあがります。

「具体的な掃除の手順をみられた」ワタシは
今朝は、換気扇の掃除を自分でやってみたりして
できちゃいました。ちゃんとファン外して洗えました。

つまり、
プロに頼むと、自分の掃除力もアップする!のです。
悩んでいないで、手がつけられる。
完成形をイメージして、小さな一歩を踏み出せる。

お掃除しなくちゃ・・・でも・・・とこころを重くしたときは
一度プロを頼んでみるのは、有効だと思いました。
「見て見ぬフリ」エリアを少なくすることは
「掃除しなくちゃ」というこころの負担を軽くする
何より、わたしのデトックスでもありました。

今日もみなさま、おすこやかに。

« 作品で伝わるもの | トップページ | 毎朝のジョグ »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/56837579

この記事へのトラックバック一覧です: 掃除)プロの手を借りて「見て見ぬフリ」をやめるデトックス:

« 作品で伝わるもの | トップページ | 毎朝のジョグ »