amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 中距離な支度三昧 | トップページ | それはどうあれ愛とよぶもの »

「知っている」の壁

「知っている」「もうわかっている」の壁を
はりめぐらせて、
そこにダイブするのをためらう。
相手から、何かから、自分の身を隠す。

そうせずにはいられないときの
甘くて、苦い感覚を
新しい環境にきたときに、私は味わいます。

まるで知らないことならいいのでしょうか。
いや、そんなときでも、
そのなかからも少しでも
「これは知っている」を探そうととするでしょう。

自分のことも相手のことも
何も知らない。
そこがスタートだといいきかせても

そこに立っているつもりの甘さと
そこに立ちきれない苦さを
同時に味わいます。

すでに知っていることばを使って
わかったつもりになっていく。
ことばから、自由になれない。

探求という名のもとに
「わかっている」を積み上げるのは、欺瞞です。

「私は知らない」から始められる智慧を。

おやすみなさい、また明日。

« 中距離な支度三昧 | トップページ | それはどうあれ愛とよぶもの »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/51214829

この記事へのトラックバック一覧です: 「知っている」の壁:

« 中距離な支度三昧 | トップページ | それはどうあれ愛とよぶもの »