amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 「カーネーション」と「純と愛」 | トップページ | 毎日が支度であり、本番であること »

毎日は一日、毎回は一回

こんばんは。

最近、中学・高校のときの恩師の近況を知りました。

相変わらず海外に出て知見を深め、
被災地に出向き、
声も張り張りで、昔の生徒たちに講演したとのこと。
御年、80歳というから、驚きです。

もっと驚くのは
毎朝ラジオ体操をして、
9階まで駆け上がっているとのこと。
そんな「体育会系」なイメージの方ではなかった。

自分たちが高校生だったときに
恩師は今の私の年頃で、
そのころと、それほど行動や興味関心の幅は
変わっていないどころか、
拡がっているようにさえ思えます。

お元気でそうで、何より。
いやぁ、まったく、かなわないなー。

と思った瞬間、
いや、まて、と思い直しました。

恩師にも、きっと
「自分は、年を取った・・・」と思ったことは
きっとあったにちがいなく

だからこそ、
「毎日ラジオ体操+9階かけあがり」という習慣を
どこかで始めたに違いないのです。


毎日は、ただながれていくだけではなく
かけがえのない一日がそこにあり、
毎回は、あたりまえのように繰り返すのではなく
たった一回がそこにあるのだと。

一日は、一回は、
同じことはないし、変化していくのだと。

変化に抵抗したり、あるいは任せるのではなく、
変化を活かして、一日、一回に集中する、
年齢を経るということは、
その大切さを知ることかもしれません。


おやすみなさい、よい夢を。

« 「カーネーション」と「純と愛」 | トップページ | 毎日が支度であり、本番であること »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/51149509

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日は一日、毎回は一回:

« 「カーネーション」と「純と愛」 | トップページ | 毎日が支度であり、本番であること »