amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 「知っている」の壁 | トップページ | 「それ」に何をみるか »

それはどうあれ愛とよぶもの

こんばんは。

唐突ですが。

あまりにも子供じみていて
そんなことにかかわっていられない、と
あるいはもう二度とふれたくはない、と
押し込めていたそれがいざ浮上してきたら
私こそ被害者だと

その世界に自分を閉じ込めているんだと
それがわかった!と思っても、
認めることもできない

大混乱のなか、探求はつづく。

大切な相手、大切な思い出
そのときは受け止めきれかった。
でも、今の私だからこそ、今は受け止める。

やっかいで扱いづらいものも
それがあたかかく、自分を包むものも
それこそが大事だと思うものも
だからこそ逃げ出したいことも
執着したくても、全速力で撤退したくても

私にとって
それはどうあれ「愛」とよぶものです。

それに大きくこころがうごき
それに手が震えるくらい動揺しても

それ、あれ、あの人、この人。
ちがうんだ、
「対象」の問題ではないのだと。

静けさをとりもどし、もともとニュートラルな存在として
わたしはいられます。

めぐりあわせに感謝。

おやすみなさい、また明日。

« 「知っている」の壁 | トップページ | 「それ」に何をみるか »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/51233001

この記事へのトラックバック一覧です: それはどうあれ愛とよぶもの:

« 「知っている」の壁 | トップページ | 「それ」に何をみるか »