amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 小さいけどやりきる一歩を | トップページ | 感謝して受け取る。受け入れなくても。 »

相手をそのままみる、相手に意識をむける、やってみる

こんばんは。

日頃、
つい準備や「(まだこれから起きる)次のこと」に
ちょっとぐるぐると時間を使う

そんなときは、
「新しいところに出て行けなくてぐずぐずしている」
って自分を責めることもあったけど

「準備をしていること自体が楽しい」
って思えれば、それはそれでアリかな、とも。
楽しんでるそのときは、
それが何か実践の一環だから。

実際は、その場にならなければわからない。
でも、なにか「楽しんでいる」ってときは
きっと「すでにそこにいる」ってことだから。

誰かが目の前にいて
私はその人に、意識をむけて
そこにそのままいられたら
私はとても落ち着いていられます。

でも、焦りやイライラにとらわれるとき
私は一人で苦しみます。ぐるぐると。

そうではなくて。

誰かに役に立ちたいのであれば
「私がもっとよく見られたい(悪く思われたくない)」
というのを離れられれば
そこでその人に意識をむけて
じっと居られるだけでもいいのです。
その人のニーズに、願いに、少しでもふれるなら
それは幸せなことです。

そしてそれを
その人が目の前にいなくても、
そのように意識を誰かに静かに向けていられたら
同時に
自分の「計画」や焦りに自覚的でいられたら

それは人と支え合える、
お互いに恩恵と感謝を交換できる
人として、そこに居て、よかったと思える瞬間だと思います。

私はそういう瞬間のために、いつも少しでも
一歩を踏み出せたらと思いますし、
今も踏み出している、と思います。

やってみる、というか、すでにやっている、連続です。


また明日。おやすみなさい。

« 小さいけどやりきる一歩を | トップページ | 感謝して受け取る。受け入れなくても。 »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/51402488

この記事へのトラックバック一覧です: 相手をそのままみる、相手に意識をむける、やってみる:

« 小さいけどやりきる一歩を | トップページ | 感謝して受け取る。受け入れなくても。 »