amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 楽しさや喜びをこそ、伝えたら? | トップページ | 2013年のこころがけのふりかえり(第9週、2月) »

「基本のき」受講を終えて(というかはじまり)

こんばんは。

1/13から全4回、鈴木安子さんの
 個性を活かしたプレゼンテーション
 はじめて人前で話す人のための話し方講座
 「基本の き」
に参加しました。
http://kihonnoki.jimdo.com/

去年から、
エニアグラムをお伝えする機会を得るようになり
もっと伝わるものにしたい、もっと磨きたいと思い

安子さんの
ひとりひとりにぴったりフィット、引き出しにネタ満載
というクチコミを伺っていて
受講できる機会をタンタンと狙っていたのでした。

3分間のプレゼンの、原稿は8回改訂。
その間ずっと問い続けていたのは
「場をひらいて、本当に伝えたいことは何か」でした。
そのために「何を」つたえたら「伝わる」のか。

伝えたい と 伝わる は違うのだけど
伝えたい と 伝わる は、ずれないほうが、それはいい。
なら、私から誰かに 「伝わる」 ことは 何か。
それを、練っては試し、映像を見ては試し、ました。

実際に身体を動かしてのワークには体感すること多く、
そして数回のプレゼンで
安子さんにいただいたメッセージは実に具体的でした。
メッセージは、参加者のぶん、存在し
そこからもたくさんのインスピレーションをもらいました。

8回目に書いた原稿を、
毎日通勤の途中でぶつぶつつぶやいて
そしてその原稿のプリントアウトは、
プレゼン当日の午前中に誤ってトイレで流してしまい
(↑本当です。トイレ詰まってたらどうしよう汗)

それでも、聴いてくださる方の、お一人お一人を見て
祈るように伝え、

1ヶ月前には「事柄」を伝えてた私ですが、
昨日は
「各々に、大切なこころの根っこがあって
そこにたどりつく楽しさや喜びを体験してもらいたい」
が伝わりました。

そして私にとってそれは、
最初の3分であり、はじまりです。

エニアグラムをはじめとして、
さまざまな取り組みを通じて
それは、仕事の場であれ、どこかでひらく場であれ
あなたの、わたしの、こころの根っこからの可能性をひらきたい
それが私の思いです。

おやすみなさい、また明日。

« 楽しさや喜びをこそ、伝えたら? | トップページ | 2013年のこころがけのふりかえり(第9週、2月) »

学び」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/49803257

この記事へのトラックバック一覧です: 「基本のき」受講を終えて(というかはじまり):

« 楽しさや喜びをこそ、伝えたら? | トップページ | 2013年のこころがけのふりかえり(第9週、2月) »