amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年のこころがけのふりかえり( 第4週)

おはようございます。

2013年にこころがけることを年初に定めまして
毎日、毎週、点検できる項目を設けています。

先週をふりかえってみますと
笑顔の職場にむけては
瞬間的に笑えても、間を持ってゆっくり笑えず。
間を持つ、というのと合わせてやってみようと思います。

間をもつ、というのは
先週、「あ、これはいい!」という瞬間、思い出せず。

バイロンケイティワークは
毎日ではないけど、節目ではできて
このワークで観点を変えると、
発見というギフトに恵まれます。

ラジオ英語講座は
今週はほぼ毎日聞けました。
コートのポケットにはラジオ入れてて、
携帯のメールに、時間表を送ってあって
通勤時間に合わせて、何かしら聞けます。

習慣にできつつあるものと、
まだまだだなというのと、あり、
継続や習慣化の考察は、また明日。

今日も皆さま、おすこやかに。

物理的スペースをつくると精神的スペースも

月1度くらいの頻度で
周りに人がいない、金曜の午前中に
引き出しにたまった書類を全部机の上に出して
捨てに捨てます。
それはもう猛然と、決然と、捨てます。

机の引き出しにたくさん隙間をつくって
風通しをよくして
場所を広くします。

ついでに、パソコンのデスクトップも一掃します。

そうすると
頭の中のスペースもできるように思います。

モノをよけながら過ごすのではなく
モノを整えながら過ごす。
精神的なスペースも広げる。

思い立ったら徹底的にやるのも、いいかも、です。

来週も、またファイトです。

おやすみなさい、また明日。

小さな親切に感謝

おはようございます。

来客があって、
資料用意して、
質問対応して、
メモを速報して

会議室の面倒みて
各部署マメにめぐって
あ!だの、お!だの言って(何?)
合間にゴメンこれやってあれも頼むね

目的を満たすための、
その手段のなかに、
庶務的な、たくさんの、何かがあります。

クールにスムーズにいけばいいのだけど
私は、ばたばたする中で突然出会って
小さくたくさん手伝ってくれる
こまごました担い手たちが好きです

ありがと。
今日もファイト。

皆さま、どうぞ、おすこやかに。

反省の夜

こんばんは。

ちょっと詰めのあまい仕事をしたので
明日からは、中身を点検しよう、
何のために、やっているか、立ち止まろう
と思う夜なのでした。

それにしても。

昔ほど自分を落ち込ませなくなりました。
これは成長か、ずぶとくなったのか。

落ち込んでもそれほど前進も解放もない
それなら、次の、やることやるか
静かな時間をもって立ち止まったほうがいい。
それは本当に、そう思うようになりました。

いまだに「きゃー」「あー」「えー?」とか
びっくりするけれど
元気でいられます。

このスジで、明日も、ファイトです。

おやすみなさい。

2013年のこころがけのふりかえり( 第3週)

おはようございます。

今年のこころがけを、週でふりかえります。

毎日やれているかを7個のチェックポイントでふりかえっていますが
今週は、それ自体が、できていない日多く
新年の、こころがけに対する新鮮さを
失っているなと思います。

こころから、その状況の実現を
ほんとうに、望んでいて
毎日、毎週はそこにどう近づいているか。

とくに、こころがけのなかの
笑顔のある率直な私と、職場。
家族の健康な食生活。
自分に、こころがけに向かう時間を割くこと。
そこに、いけていないです。

まず、毎日のたてなおしから。

先週はそれでも
ラジオの英語講座をきくとか
笑顔であいさつとか
そういうのはできていました。
…なんか、小学生みたい(笑)

今日も皆さま、おすこやかに。

まずはやってみる

こんばんは。

平日はあまり手をつけられないことを
休日にこそやろうとして
休日に妙にのんびりして
あれはどうした、これはどうした

ということが
ありますよね?

ね?じゃないや。

私にはあります。

今日はそういう状態になってしまい
妙な集中力で、海外ニュースを英語で聞いたりして
(あ、でもすこーしだけ、
最近わかるような気がするようになったんだ)

・・・いや、これはイカンと
肝心なことに手をつける、と。

これが、

手をつけ出すと、ハマるわけで
それまでなぜ手をつけなかったかが不思議なくらい
集中するわけです。
なんだ、じゃあやればよかったじゃないですか。

でも
きっとそのぐるぐるまわりみちにも
意味があったのか、もよ?
(言い訳)

お風呂でもシミュレーションしたりして、
お、けっこうノリノリです。

まだいくつか不義理を残してますが
着手しますよ~

おやすみなさい、また明日。

忘れない、祈る、そばにいる、痛みから学ぶ、生きる

そういう日が
日本にも
他の国にも

もちろん個人にも
あると思うけれど

そういう日をいくつも持ち
あらためて日常を
生ききりたいものです。

忘れない、
祈る、
そばにいる、
痛みから学ぶ、
生きる。

おやすみなさい。
今日。


起きたことはべつべつにとらえる

おはようございます。

最近、あちこちで身体の不調を表す人の話をききます。
ほんとに、どうかお大事に、です。

私は最近、はじめて膀胱炎になりました。
意外に女性に多いのね。

これまで何か具合が悪いと、たいてい急性もので、
でも、つらつら思いおこすとこの数年
一年のうち1ないし2回は何かあって
歯茎腫らして歯抜いたり、難聴になったり、
腰痛めたり、で、膀胱炎かー

なんだかなぁ、若くないのかな
無理するなってことかな、何か暗示かな、
あー更年期か

とかとか、いろいろつなげて、

はっと気づく。

それぞれは、べつべつね。

実際、理由もあろう、
コントロールできないことを責める気持ちもあろう、
理由を知って対策とって安心したくもあろう。

でも、
今の身体、今のこころが、今の私。
こうなった理由やできなくなったらどうしようとかやだなとか
つなげて考えてぐるぐるするより

今、変化することに興味をもとう。
何か言ってくれる人からは、愛を受け取ろう。

という朝なのでした。
いや、ささいなことなんだけどね。

今日も皆さま、おすこやかに。

2013年第2 週のふりかえり

おはようございます。

先週は第2週でした。

年始に表現した「ことしのこころがけ」を
毎日できること7つにおきかえて
毎日点検しています。

他に、週、月でふりかえる指標もあるけど、
まずは毎日の習慣づけでスタートダッシュを。

…と。
7つ×7日で○(できた)が33個で
7割に達しない(がっくり)

特に、この数日に×が増えているのと
「やる」だけになって
表現している「こころがけ」のほうが意識できていないような。

たとえば
「笑顔であいさつする」とか「こころからきくために間をもつ」などは
「率直で笑顔のある職場で、自他共に役立つ仕事をしている」からの毎日行動なのだけど
そこへまだつながってない感じ。
毎日、やるはやるけど、のような。
大事なのは、主体は私であって、
こころがけのために心からやること、なのよね。
こころがけも毎日みるようにしましょう。

できてきたのは
「間を持つ」ですね、いやまだまだ早いけど。
バイロンケイティワークと
英語のラジオ講座受講は比較的、よいな。

来週は、週の指標も点検します。

今日も皆さま、おすこやかに。

それぞれの道をゆくことの

おはようございます。

ふとしたきっかけで、社会人一年目のころを
何人かの人と一緒に思い出すこととなり

と、いっても
各自、まだ学生だったり、
働いているところもいろいろだったり
横並びで同じではなかったことも
あらためて思い出しました。

ユーミンの「悲しいほどお天気」というアルバムにある、同タイトルの歌。
同級生それぞれの道をいく「切なさ」を歌う佳作です。
中学生だった私は、想像していたにすぎなくとも
その「切なさ」を感じていました。

でもそのころ、まったく想像つかなかったのは
それぞれの道をいくことの、「興味深さ」や「心強さ」です。

こんな暮らしがある。
こんな経験がある。
こんな思いがある。
一度何かを分かち合った人たちと、それぞれの道を行って、
たまにふれるときの面白さや、支えられる感覚。
もうふれることも会うこともなくても
お互いの道を思い、自分の道を歩く確かさ。実際、道が分かれてからでないと
わからなかったことです。

切なさは想像すると感じられ
心強さや確かさは、想像というより体感覚なのかもしれません。

年齢を経ることも、道を分かれることも
興味深く、心強いです。

そしてこれからも、出会う人から
深い喜びも悲しみを、学んでいきたいとおもいます。

今日も皆さま、おすこやかに。

やってみてわかる

こんばんは。

頼まれて、実際しらべてみると
意外なことを発見したり
休んだ人の穴を埋めてみると
これはなんとかしなくちゃだなと思ったり

回り道のようにはじめは思っても
事実をあきらかにしていくと
そうでもない、むしろ好機と思える。
想定外の何かが、停滞をブレイクしていく。

イレギュラーに埋没せず、
でも日常茶飯事に思い込みを重ねず、
ひとつずつです。

おやすみなさい、また明日。

間を持つと

おはようございます。

今年のこころがけから、毎日ふりかえることとして
「相手の話をきくため、自分もこころからかかわるために、間を持つ」
をあげています。

本当に一瞬のことなので、うまくいかないことのほうが多いですが
間がもてた、と思えるのは
相手がいいのがしていたことを、追加でいえたり
自分の、すきまに潜む感情に気づけたり
そういう瞬間です。

すぐに反論したくなるのを少し間をおくことで
相手の話が展開して、
自分が反論しようとした内容に近づくこともある

また、別に
ワタシ今、何を思ってる?と気がつけます。

大きくいうと
夜寝てから、朝になるまでも、
ひとつの「間」のように思います。

遅すぎることはない、何事も。


今日も皆さま、おすこやかに。

自分をいれる

こんばんは。

題名だけだとわかりづらいので、説明を足しますが、

「自分をいれる」というのは
ここはひとつ頑張らなくては、とか
ここは誰それに無理させちゃいけないな、とか
そう思うときに

私だけが頑張るのではなくて
私は多少無理してもいい、ではなくて

みんなにも頑張ってもらえるようにするし
「私」にも無理をさせてはいけない。

みんなが各々を尊重していいのと同じく
みんなに大切な場所があるのと同じく
みんなに大切な過去と今と将来があるのと同じく

みんなのなかに自分をいれる、
自分とみんなを切り離さない、

ということを言いたかったわけです。

おやすみなさい、また明日。

2013年第1 週のふりかえり

おはようございます。

昨日はあまりに寒く
家で掃除や布団干しに励みました。

さて。1月の1週目が終わったので
ふりかえりますと、

今年は
「毎日こころがけること」を
7つ決めて
1/3から1/6までの4日間、まずはやってみて
一日の終わりに振り返りました。

さすがに全部×はないだろう
と思ったら
「自分と相手の声をこころからきくために、
間をおく」
というのは、毎日×でした。あらら。

何かやる、特に
毎日やることにひっかけて何かやる
というのは、できるのだけど

やらないこと、とめることは、
あえて一瞬、意識しないと、できない。
間をおくことの、静かな感覚を
こころの根のほうから感じないと
つい、いつものテンポになります。

あとは、
「家族に」笑顔であいさつ、って
意外にできてないですな。ほほ。


今日、外に出たら、
喉がキュッと、カラカラに感じました。
うがい、必須で。

今日も皆さま、おすこやかに。

スタートダッシュ

おはようございます。

今朝はなかなか冷えていて
空もきりっとしていて、よい目覚めとなりました。

朝から暖かい汁ものをいただくと
身体の、しゃんとするのを感じます。

昨日、テレビで
バレーボールの真鍋監督と
ハードラーの為末大さんの話してたのを聞いていて

データを取ったら、バレーボールは8点先取すると勝つ確率が高い、
リズムのスポーツなので、と真鍋監督。
ハードルも、為末さんは先行逃げ切り型で、
なぜなら自分のペースで人に惑わされないからで、
追いかけるとカッとなって、ふだんの歩幅を保てないからだそう。

興味深い話でした。

まずはスタートダッシュしてみるのも
1月っぽいですね。


今日も皆さま、おすこやかに。

今年2013年のこころがけ

おはようございます。

今年2013年にこころがけたいことを、洗い出しました。

=======
仕事:「こんな職場で、こんな仕事」をしている
仕事:やってみたい仕事のために準備ができている
習慣的な日常を離れ、よりゆたかな日常に戻るような場をひらいている。
自分の探求をつづけ、よりOpenMindに。
毎日の生活を改善できている
新しい学び、とくに英語を習得できている。
家族の毎日の生活、とくに食生活を改善できている
家族や友人に実際に会いにいけて、社会的な活動にとりくめている
=======

仕事の「こんな職場、こんな仕事」というのは
率直で、笑顔のある、メンバー個人とその先の幸せを大切にする職場、
こころから関わり、自分を主語にして為し、自分も他人も生かす・役立つ仕事、
です。
今の仕事で、この実現に関わります。

やってみたい仕事とは、「働く個人の過渡期を支える仕事」です。
もうすこし端的に、わかりやすく整理して、関わる人につたえていきたい。
できれば、今後の私の職業にしたいです。

習慣的な日常を離れ、よりゆたかな日常に戻るような場。
エ二アグラムをはじめとした学びの場を
継続してひらいていきたいです。

自分の探求をつづけること、毎日の生活を改善すること。
これは今年に限らず、ずっと。

新しい学び、とくに英語の習得については
5年後くらいに、海外のセミナーに参加しよう、と思えたらいいな、と。
中学英語もおぼつかない現状なので
日常会話を発話できる、ラジオの英語教材が聞き取れる、
フェイスブックで簡単な書き込みができることを目標にしたいです。

家族の食生活を改善するのはいちばんハードル高いかも笑
楽しんでやれるようにします。

友人や家族に会ったり連絡とったり
これはほっといてもやるだろうから
今年もそういうことを楽しんでいきたいのと、
社会的な活動に、いっそうつながりをもっていきたいです。

それぞれの「こころがけ」に
毎日、毎週、毎月振り返れる指標を設けました。
これについてはおいおい記します。

で、もっと大事だと思うのは
ここに書いたことにこだわらず、
毎日、毎週、毎月の変化を受け入れることです。

こころから楽しんで、毎日がおくれますように。

今日も皆さま、おすこやかに。

年頭にあたり響いた言葉

こんばんは。

今日は年頭にあたって、ブログ等からいただいて、響いた言葉を書きとめておきます。


年頭自警(安岡正篤)
一、年頭まず自ら意気を新たにすべし
二、年頭古き悔恨を棄つべし
三、年頭決然滞事を一掃すべし
四、年頭新たに一善事を発願すべし
五、年頭新たに一佳書を読み始むべし


サティシュ・クマール
人間に必要な三つの活動
土(soil)
心(soul)
社会(society)


正岡先生の五つについては、さっそく実行してみました。あ、三はまだ。
サティシュ・クマールは、師の高岡よし子さんにご紹介いただいたもの。この三つに根ざしてこそ、と。
心したいと思います。

年のはじめは、日々のつながりをあらためて見なおすよい機会です。

今年は目標をたて、週で振り返り、しかしあまり拘らず、進む所存です。
ここで公開して、皆さんの声を励みにしたいと思います。
おつきあい下されば幸いです。

詳しくは、明日に続きます。

今日も皆さま、おすこやかに。

謹賀新年2013

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

今年も夜明け前に散歩にでかけ
近くの大きな公園で、日の出を待ちました。
空の色の移ろうのは美しかったです。

さて。

「としのはじめのためしとて
おわりなきよの めでたさを」

このような歌のできたころ
世の中どういう様子だったのでしょう。
おわりなき、と信じられる
泰平な世相だったのでしょうか。

今年はふと
「おわりなき、ということはないのでは」
という考えが浮かび
おわり についてしばし探求したら

おわり ということを
私はちゃんと知らないと思いました。
何がおわりかは、わからないです。
いずれこの先どうあっても
今この瞬間を、静かに、間をもって、生ききる連続でしょう。

うかれず、へこまず、こころもち、口角をあげて
いつもの新しい毎日を。

今年も皆さま、おすこやかに。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »