amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

今年の目標の振り返り(50/50 週)

ついに大晦日。

----------
この1年、「学びの知恵を行動に活かせた」といえるために

1.18:00に仕事を終えて夕食をつくる。週2…●
2.ブログで自分の考えを発信する…○
3.仕事で「これをシンプルにした」を2週に1回…○
4.自分の思い込みにとりくむ「バイロンケイティワーク」週1…○
5.話す、きく場をつくり、参加する。月1回…○
============
1.0ぉぉー。

3.昨日、普通は1日半かかってたデータチェックを
手順を変えて
時間を計って
やってみたところ、1日でできたので。

4.
私は、私の考えに、孝行すべきだ。なぜなら
・考えを大切に扱っておちつける。
・尊重すると同一化しない(それそのものにはならない)
・今まで私をよく守ってくれた。


5.場と相手と私を信頼し尊重する。
それは「今」をひらきます。


皆さま、目標振り返りに
おつきあい下さって
ありがとうございました。

そして、今年1月15日にセミナーを開催して、
目標設定の機会を授けてくれた
齋藤めぐみさんに 一番の感謝を♪


学びの知恵を行動に生かす
というのは
ちいさいことでも
行動できた自分をみつめる
認めるということ。

生かす、とは、そのままを認めること。
と、思います。


あと少しの今年を
皆さまどうぞ、おすこやかに。

ポット

ポット
こんなことは普通にあるのかなぁ
と思いつつ。

写真は私の勤める事務所のポットです。
ガスはないので、電気ポット。
30人位で2つ使っています。

寒い時期なので頻繁に少なくなり水を足します。
この「只今湯沸かし中」という札は
水を足したら置くようにしています。

この札のあることで
水を入れたてで沸騰中にもかかわらず
そのポットでコーヒーを入れてしまう
私のような者は
助かっているのです。

このような札はなくても
もちろんポットをよく見ればわかりましょう。

しかし
この札で助かっているのは
どうも私だけではないらしく
この札に関しては、
どこにも何も書いてないにもかかわらず
誰でもちゃんと運用しています。

さて。
たとえばカップラーメンを作るとき、
ポットの残りの湯量を確認してからお湯を入れる人
手を上げて!

…しーん。

私はね。確認しません。
で、ポットをガガッ(湯が途中で無くなる音)
とか言わすわけです。
そのとき隣のポットもお湯少なかったら
ひぇーっ、て、なるでしょ。

お昼どきにこのような光景を
少なからず、目にした人。
11時半前に、ポットを確認して
両方のポットを満タンにして沸かす、という習慣を
ひそかに続けておられたのです。

あ、私ではありません。

こういう人って
自分は絶対ちゃんと湯量を確認してから入れるのよ。

で。
11時半前のそれは
ルールにも、ルーティンにも、当番にも
「意地でも」落とし込まれず
その行動に気がついた数人の者たちの間で
今も脈々と受け継がれています。
あ、別に性別はいいですかね。
全員、男性。年齢は多彩です。

「札を置く」のが初級編なら
「11時半前のポット確認」は上級編。

そんな職場なので
ブツブツいいながらポットの前で上の空でも
私は毎日無事に、飲み物を入れられるのです。
ありがたいことです。

こういう習慣て
いろんな組織というか、
集まって何かしてるところには
普通にあるですかね?


今日で私は仕事納めでした。
事務所には年末年始、誰かいます。
小売業、どこかは必ず動いているので。

それぞれのお休みや労働を
それぞれの形で。

お身体気をつけて。
明日も皆さま、おすこやかに。

どうやって?ってそうしていたもの

風の冷たいなかを歩いてきて
光のもれる窓をみて、ふと思った。

今でこそ、サッシの窓だけれど
木枠の、薄いガラスの窓をカタカタ。
日の暮れる前に急いで雨戸を閉めてた。
つい35~40年前はそうだった。

今でこそ、携帯で連絡はつくけれど
下宿の電話は呼び出しだったり
駅や街角で、待ち伏せしてたり
つい20~25年前でもよく聞いた話だった。

今でこそ、一人1台以上パソコンを扱う人もいるけど
会社ではワープロの順番待ちしてた。
報告書も設計書も手書きだった。
それは20年前には当然だった。

今となっては
どうやって、そうしていたのだろう?
と思うようなことを
普通に「そうしていた」。

寒さも、暖かさも、その手に、身体に
身の丈の範囲や程度で、リアル。

そんな暮らしは、もしかしたら今でもできる。
・・・かなぁ。

その手と足、身体の扱える速度と範囲で、
年末年始は暮らしてみようか。


さて、わたくしは明日30日、仕事納め。
がっつりパソコンで仕事です。

お休みの方もそうでない方も
愛しい2011年を、どうかおすこやかに。

ざっくりと、50

もう、どうあがいても
アラフォーではなくなりましたが

ざっくりと50歳。

と、あと9年くらいは言えます。

自分の足で歩いているという感覚は
年をおうごとにしっかりしていく気がします。

それもこれも、
ここまで生きて、
読んで下さる皆さんと関わり合えたから。
うれしいです。

ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。

どうぞ、2011年、おすこやかに。

「その他」の仕事

組織でも会社でも
主に何をしているか
ということのわかりやすい
仕事

売る、買う、商品を揃える、知らせる…

の、他に

どんなに分類しても
「その他」に入るような仕事って
あるわけです。

事務、とまとめられる場合もあるかな。

私は、どうも「その他」の仕事に多く携わるのだけど

その他
それは、つなぎであり、潤滑油で
なくてはならない、とは言わないけど
うまくつないでスムーズにはしたい。

そのスキルの鍵は
ちょっとだけ相手のために手を広げることと
ちょっとだけ相手の思いつきを「受け流す」ことに
あるように思います。

今日、帰りにふと思いついたことでした。

おやすみなさい、よい夢を。

私も、あなたも、家族も、チームも、社会も

社会や経済を構造的に説いた本と
リーダーシップの実例を構造的に列挙した本を
最近立て続けにがっつりと読んで
今思うこと。

組織や社会の環境、構造の前で
個人の力は小さいかもしれないし
「構成する一員」という言い方もできるけど、

個人はそれだけで大いなる存在。

だからといって
個人ですべてできたり、完成させたりは
できない。

大いなる何かは
個人のなかにも、環境の奥にも存在している。

影響しあう構造を解くことも
奥底にある本質を探ることも
おそらくどちらも大切なことです。

私も、あなたも、家族も、チームも、社会も
ひとつひとつ、ひとりひとり、
かけがえのない存在。

その、それぞれの大切さを
感じ取れるように、学びたいです。

皆さまも、今日も、明日も、おすこやかに。

今年の目標の振り返り(49/50週)

ああ、本当に、もうこの週。

===============
この1年、「学びの知恵を行動に活かせた」といえるために

1.18:00に仕事を終えて夕食をつくる。週2…●
2.ブログで自分の考えを発信する…○
3.仕事で「これをシンプルにした」を2週に1回…○
4.自分の思い込みにとりくむ「バイロンケイティワーク」週1…○
5.話す、きく場をつくり、参加する。月1回…○
============
1.1回~。

3.ひとつだけ。
データづくりをしていてoutputが決まったあと
こういうふうにしてくれという要望に対して
修正するとこういう欠点がでるし
今だとこういういい点が生きるから
今のままでどうだろうか
と提案できて、作業量を増やさなかった。

4.
人のことを書いてみて
それと同時に自分が誰かにしていることが浮かぶ。
人のことを裁くと同時に自分を裁く。
今週はしょっちゅう自分のことを苦く思っていて、
少し疲れました。

5.
聴くことそのものはそんなに苦にならない。
自分を何か役立てようとかするときに
苦しくなるですよ。

- - - - - - - - -
今日はとてもいい天気に助けられて
リネン類を洗濯して布団を干せたうえに
年賀状を書けて、本を読了して、
ゆっくりと風呂に入れました。

天気がいい!→洗濯しよ!
って、生活もいいなー。

皆さま、あと少しの今年を生ききりましょうね
どうぞおすこやかに。

大掃除のつもりで小掃除

天気もよいし、大掃除するところ

本を整理して
書類を整理して捨てて
ダイニングテーブルをきれいにしたところまで。

それでもこの「小掃除」。
事務作業場の生産性向上に
著しく貢献するのでした。

年賀状なんて、書けちゃったりして。
書きながら、来年何しようかな、と考えます。

「仕事を一人でかかえこまない」とか
「学びを活かす」とか
ここ数年、もう、ずっと言ってるのを
どうするんだ、とか。

「おかねのことをどうするの」という
ささやきもきこえたり。

・・・あ、そうだ。
今年私は歯のブリッジ2本もいれたんで
医療費控除の確定申告、するざます。
確定申告初めて。e-Taxしちゃおっかな。

経済に弱いわたしは
こういうことをきっかけに
こころと家族と仕事と経済の
バランスというか行き交う流れを作りたいと
思うのでした。

皆さんはもう来年のこと
・・・ちゃんと考えてる人、多いのかぁ。
私は、こんなかんじで、まだゆるゆるです。
手帳も変えてない。
今年の締め、まだ手付けてないです。

ま、いっか。マイペース。

今日も、残りの2011年も、どうかおすこやかに。

おだやかにいられる

休日の前夜はおだやかにいられます。

こんなにおだやかにいられることを
おだやかでいられないときには
思い出せないです。

昨日冬至で、これから日が長くなる。
それとあわせるような気持ちでいようか。

おやすみなさい。
ゆっくり寝て、明日は大掃除。

ほんとうの、打開

緻密、しっかりしている、大丈夫。
な、ように見られたり、見せていたり、
そう思われたいのだけど、

たとえば1から10の順で積まねばならないうちの
5や6あたりを抜いたり、強引につなげてしまう。
結果、想定とずれて、失敗したり迷惑をかける。

これまでの学生、職業生活で、よくあり、
追い込まれたときほど余計やってしまう。

対策は、
「ぬけがちな、論理破綻しがちな」傾向を自分で認め、
他人の手を借りること、
追い込まないように静まること
なのですが、

他人に、この傾向をオープンにすること、
特に「職場」位の人間関係でオープンにすることを想像すると、
怖い、悔しい、悲しい、のです。

抜けを見つけてもらったら、ありがとう。
抜けを見つけてほしいと助けを求める。
それがどうして、できない?

たぶん。

・私は(何か・誰かのために)しっかりしていたい。
・でも肝心なところで順序だてて考えられない。
・それで、肝心なところで失敗する。
・(何か、誰かの)役に立てない。
・でも上記は隠しておきたい。バレたら怖い。

これは思い込みです。私を守る殻。

これに感情がからんで
過去あった、このような失敗や状況、
それも大きめなやつをすべてつなげて記憶してある。
状態よくないと、日常的なこともつなげて
「また失敗してしまう」に、安住する。
殻を厚く固める。

こうなったとき。

「『また』失敗する」
そう考えるときの感情をしっかり感じます。
そう考えるに至ったまでの自分を大切にします。

そして
過去のせいにしない。
毎日、毎時、瞬間新しい。
と、唱える。感じる。

今日は、
小さいことで、助けてと言ってみる。
もし言えたら言えた自分にも感謝します。
そして、関わる人に感謝。


この文章は仲間や友人からの
探求の種から生まれました。
ありがとう。

どうぞ皆さま、おすこやかに

一点突破ではなくて

昨日。

やるべきことに集中しようとしていたところ
予定外のことに自分の気持ちを振り回し
(1回、明らかにモノにあたった。
 クリアファイルを机にやや強めに叩きつけた)

やるべき、と集中していたころに
その件でまた追加の要件の要請あり、

無力感やら苛立ちやら。

・・・まあ、でも、

一点突破しようとしたのは
その一点に頼りきってたとも思います。
状況の打開には
いくつもの穴をあけ、
少しずつ進むのでもよいわけです。

伝えたい相手に直接伝えないという条件は
間の人にわかってもらえる機会になったということ。

さて。

今朝、ぼんやりと浮かんだ月の穏やかだったこと。

今日も皆さま、おすこやかに。

それぞれの場所で、自分の領域で

おはようございます。

それぞれの場所で
それぞれの始まりを
懸命に繊細に生きている朝です。

忙しくてもそれどころでなくても
誰かを責めたくても
誰かからの愛を感じてても
特別なことは、何もなくても。

自分の領域でできることを
今日も始めていきたいです。

静けさと喜びの一瞬を
今日も味わえればと思います。

皆さま、今日もおすこやかに。

直接相手に伝えたい思い

おはようございます。

今の主な仕事は「データを加工して表にする」こと。
その表は「事実」だけど「主張」を含みます。

誰かが「こういうことを知りたい」と望むときは
「こういう主張をしたい」と望むとき。
その主張のやりやすいように
表の行と列をどう組むか、何と比較するか、差や割合を出すか。

表について、
人に「ここわからないからこういうふうに作って」
と頼まれると
その人の好みや主張に流されがちです。

でも私は、それを伝える相手は誰か
ということを意識しています。
相手が明確なほうが作りやすい。

そして、本当にやりたいことは
自分でその表を持ってって、
相手の表情と発言を把握しながら説明することです。
表はたとえA4で1枚であったとしても
その事実にいたる背景も
つっこまれて「正直弱いです」ということも
自分で伝えたいわけです。

でもなぁ。やはり
「伝える相手にわかってほしいこと」を
「間に入る人」にもわかってもらえるよう
シンプルにする熱意や、
相手を見限らない姿勢なんだろうなぁ。


唐突ですが、
原則に立ちかえる。それは祈りなのかも。

今日も皆さま、おすこやかに。

今年の目標の振り返り(48/50週)

2011年。ラストスパート。

===============
この1年、「学びの知恵を行動に活かせた」といえるために

1.18:00に仕事を終えて夕食をつくる。週2…●
2.ブログで自分の考えを発信する…○
3.仕事で「これをシンプルにした」を2週に1回…●
4.自分の思い込みにとりくむ「バイロンケイティワーク」週1…○
5.話す、きく場をつくり、参加する。月1回…○
============
1.1回。実は先週は2回だったし
 あー今週もチャンスだったのなぁ。
 2回は夕飯担当だったのに、
 うち1回はけっこう遅くなってしまい
 さぼてんの弁当にしちゃったのだ。

3.これはパニックになればなるほど
 一人で抱え込んだあげくに投げやりになる
 という闇のなか。

4.今週久しぶりに
 「絶対そうと言い切れますか」→yes!
 だったけど
 やはり「絶対」は、ない。
 絶対、と言い出したとき、自分が相当怖いか
 一般論的正義に依存してるかのどちらか。

5.聴く、ということが主な割合をしめる時間と場を
 わりとそこらじゅうにあるような社会へ。

おやすみなさい。よい夢を。

形をつくろうとする、たぶんそれは怖れ

望む姿でありたい。
おちついていたい。
やさしくありたい。
自分に対して望むことは多いです。

そのままで、そこにいる。
それだけで本当は充分なはずです。

何者かであろうとする、
何かの場にいようとする、
何かの場をつくりたいと夢想する。

何らかの形をつくろうとする、
目に見えるもの、inputできるものを
切望する。

形をつくろうとする、
たぶんそれは怖れです。
仮に、形のあることで安心できても
それを失うのを怖れるでしょう。

今日気がついたことでした。

皆さまどうぞおすこやかに。

新しく会う

おはようございます。

人をめぐって
暖かい思いをすることも
寂しい思いをすることも
どちらもあります

その人を遠ざけても近づけても
それは同じのように思います。

その人との距離や親しさを
コントロールしようとしたり
暖かい、寂しい、
ひとつの形容詞に決めようとすると
苦しくなるように思います。

毎日、毎回
私もその人も新しく会う。
いずれの感情も感じうる。

今日はそれを心がけたいと思います。


どうぞ皆さま、おすこやかに。

毎日少しずつ、こつこつ。

免許の更新、健康診断後の経過診察、美容院。
平日に、効率よく、かつ余裕をもって。
もう少し、どこか寄れるか、というところをやめて
家路につき
早い冬の夕焼けをみながら充実感。

で、思いました。

全部一気に詰めようとしない。
特に他人に何かしてもらうときには
なるべく時間の余裕を確保する。
相手にも、自分自身にも。
「まだ、できそうだなぁ」と思うくらいでやめておく。

で、毎日少しずつ、こつこつやる。

身体を温める、食べ物に気をつける、
目を休める。

定期的に行くべきところは
行く頻度を決めて予約する。

これは、
「あ!これやりたいっ」って思ったときの
瞬発力を妨げないための対応でもあるのです。

どうぞ皆さま、おすこやかに。

私ばっかり?

昨日、仕事で
いくつか面倒なことが重なったと思い
その面倒のひとつひとつは小粒なのに
小骨のように妙にひっかかって

「こんな面倒なことを、私ばっかり」

と思ってて
今朝気がつく。

面倒に考えているのは私。
考えなくちゃいけない、と考えているのは私。
面倒にしているのは
シンプルにできないスキルの不足だけど
「考えなくちゃいけない」と思い込んでることは
スキル以前に何とかなる。

事実、いろいろ考えてるのは私ばっかり、ではないし
私ばっかり、と考えることで苦しい。

・・・とぉ。(気分はライダーキック)

昨日から職場でぬれタオルをハンガーでぶら下げ。
1日3回もびしょびしょにするのでした。
乾燥注意。手洗いとうがい。

今日もみなさま、おすこやかに。

携帯を電車で見るのをやめてみる

おはようございます。

しばらく電車のなかで携帯みるのをやめてみよう
と思うのでした。
これで目はどれだけ楽になるか試してみます。

「持続可能」を
心身ともに意識するようにしていきたいです。

仕事はここから2月中旬と、
そのあと3月末までは気が抜けない
もちろんその間に「何があるかわからない」。
柔らかい心身でいたい、
できることはまずそれ。

空気の乾燥は水に浸したタオルを
ハンガーにかけておくだけでも防げると
今日テレビで言ってたのを
さっそく実践してみよう。

今日も皆さま、おすこやかに。

OFF

おはようございます。

昨日は一日OFFでした。
土曜日に発熱した夫の世話を、
と思ってた、のに。

朝起きて、
だんなよく寝てるし、
じゃ、ちょっと横になろうか
…気がついたら昼。

熱下がった
よかったね
昼に会話した気がする。

次に気がついたのは3時過ぎ。
起き上がれずうつらうつらして
次に起きたのは夕飯。
冷凍ハンバーグを解凍したのは夫。

すぐまた寝て
次起きたのは今朝でした。
うわー。

たまにやってしまう完全OFF
身体はどこも具合悪くないのに
スイッチをばつんと切るような過ごし方。

夫はあまり問題なくて何よりでしたが、
私は体質と生活習慣改善かなぁ
ま、今朝はかなりクリアで
それはそれでよいとして。
晴れわたる空。
今日も皆さま、おすこやかに。

不思議なつながり

今朝。

●ニクロ ヒートテ●クのタートルネックを着用。
身につけた後、ふと、もう一色ほしくなって
シースルーのスカーフも着用。

このスカーフ、
ワークショップで2年ほど前にお会いした方のもの。
スカーフの色がとてもすてきで
感激してそれをほめたら、その場で下さった逸品です。

あ!そんなつもりでは(汗)と恐縮至極、
でも、自分では買ったことのないその色は
顔色によく似合い、大切にしてました。

・・・で。

今日のワークショップに
スカーフをくださった方、久しぶりに来訪!
今日その方にお会いできるとは思っておらず
たいへんうれしい再会となりました。

縁は、ふと、めぐってくるなぁ。

欠ける月をながめる、不思議ですてきな夜。
おやすみなさい、よい夢を。

あずき煮る

久しぶりにあずきを煮ました。

明日ももう少し火をいれます。

きび砂糖を使います。
むやみに入れず、味をみながら。

あー、あずきは裏切らない。

おやすみなさい。

送別会

長く面倒をみてくれた、
上司の上司、送別会。

教わったことも
支えられたことも
たくさんあります。

「身体に気をつけて。」

最近の送る言葉は
それにつきます。
思い出はつきないけど。

思い出に寄りかかってもおれぬ。
生きていれば
何だってできるし。

おやすみなさい、よい夢を。

手を出すちから

おはようございます。

私はたいてい、
新しいところへは
その他大勢に混じっていきます。

そして現場。
多くの場合、その他大勢のまま帰るのです、でも

あっ、と思って
握手の手を出す瞬間、
そしてそれを相手も返してくれた瞬間に
きっかけになります。

そこから転がりだして
気づいたらここまできていたことは
数は少ないけど、
大切なそれぞれになっています。

現場にいく。
あっ、と思う。
手を出す。
その手を一回握る。

で、たぶん、離すことも含め

そのちからをもっておきたいものです。

今日も皆さま、おすこやかに。

喪中のはがき

おはようございます。

喪中のはがきをいただくと
年の瀬に
胸の真ん中に小さな石をおくようです。

送った、送られた方の悲しみを
一瞬ともにして
静かな、小さな、石をおきます。

思い出のなかの人、
日頃おつきあいのある人、
自分も見送った人、

喪中のはがきは
その一枚につつましい人生の支度を感じます。

いのちあるうちは、
皆さまどうか、おすこやかに。

かつてぶつかった人と

おはようございます。

仕事で何度かぶつかった覚えのある人を
通勤途中に見かけました。
お互い年をとったな。
と思いつつ
少し離れて歩いていたところ

その人は立ち止まって
知らない人と笑顔で話しはじめました。
知らないほうの人の
「それきいてよかったわ。うれしい」
という声を耳にしました。

私の知っている、ケンカ腰の声や
私の投げかけた、同じくケンカ上等の声は
そこにはなく。
暖かい気持ちで横を通り過ぎました。

それぞれの歳月。
それぞれの関係。
記憶は広いようで狭いです。

新しいところへいくのもよし
今いるところで毎日新しい気持ちでクリアするもよし。
しがらみにあらがうもよし。

いずれにしても
記憶を握りしめるちからを
今を感じとる暖かさにかえられますように。

今日も皆さま、おすこやかに。

今年の目標の振り返り(46/50 週)

まず2011年を生ききってみようと。
話はそれからだと。

===============
この1年、「学びの知恵を行動に活かせた」といえるために

1.18:00に仕事を終えて夕食をつくる。週2…●
2.ブログで自分の考えを発信する…○
3.仕事で「これをシンプルにした」を2週に1回…△
4.自分の思い込みにとりくむ「バイロンケイティワーク」週1…○
5.話す、きく場をつくり、参加する。月1回…○
============
1.やる気あんのかよー。0回。

2.きく、立ち会う、だけじゃなぁ
と思う一方
きく、立ち会う、に尽きるとも思う。
今週とくに揺れてます。

3.年次仕事のヤマの一つ目の来たような。
こういう時こそ、イレギュラーな思いつきの作業を増やさずに
ルーティンで二重チェックかけて検証できる手順にするか、で
今週はひとつは仕込めたから
来週もうひとつ仕込めて実現できたら○にしよう。

4.他人に対して厳しいときは
自分に対して手厳しい。
自分への手厳しさをゆるめる。
ワークの必要なのは、ひとつはそういうときです。

5.経緯も可能性も大切。
それは充分承知したうえで
居る、きく、気配を感じることと
私に生じることに集中する時間です。

===========
とてもいい天気。
ふと思ったのは
「世を忍ぶ仮の姿」はあっても
「仮の人生」はないな、と。

姿はいくつあろうと
場はたくさんあろうと
どこにいても
生きている瞬間の連続にいる、この連続体は
わたし、ひとつ。
そこに、仮も本もないです。

おつきあい下さりありがとうです。
どうか、皆さまおすこやかに。

出力を、あえて

おはようございます。

ひとつの目安として、
入力しよう、情報を得よう
そちらの先行するときは
私は自分に少し注意します。

出力する、
完璧でなくてもいいから
発信を、先にしてみる
それも、自分の状態をなるべく正直に。
探求して。

あえて出力の先行しているときは、
動きも循環もあります。
あ、単に「反応した」「相手がこう出たからこうした」
ではなくて
私の今に探求して、私を主語に出力すると、です。

入力して私の中で組み立てるに留めず
出力して、他との関係のなかで、現実を確かめる。

そのように、あえて動くことを
寒い今日も。

皆さま、今日もおすこやかに。

まだまだだなぁ

あー。
反応的な対応するし、
本質と外れた結論だすし、
想定外の誤差でるし、
ファイル壊しかけるし、

やれやれ。
慌てだすと、いろいろ
やっちまいがちになります。

落ち着きたいときは
足をしっかり床につけて
呼吸を意識します。

で、ゆっくり寝ます。

はしるな、きけん。
おやすみなさい、よい夢を。

何を優先するかって

来年は
・美容院にいく
・歯医者で歯石をとる
・山ハイキングか運動か散歩をする
この3つを、年間計画にしようと思います。

この日に必ず行くときめる。
予約を入れて、行くときめる。

私の場合、年齢は
髪と歯茎に出てきました。
ああ、早めのケアを必要とするようになったんだ。

あと、睡眠も。

おやすみなさい、よい夢を。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »