amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« outputの機会は毎日ある | トップページ | 空間は大事 »

短期でみる、長期でみる

この台風のなか、お遍路に出ておられる方。
ご縁あって、動向を知らせて下さっています。

台風の情報をテレビ等で見ていると
どうしておられるかと思うのだけれど
ご本人は、楽しんで道を進んでおられると
発信されてます。

数日前から雨はあるものの、
ずっと、ではない、らしい。
さすがに昨日はどしゃぶりだったが
縁あった人との道行きを楽しみ、先に進んでおられる。

そのことから考えたこと。

台風による豪雨を
「ずっと、どしゃぶり」
と捉えるか
「強く降るときも、弱まるときもある」
と捉えるか。

あるいは
「降られた」か
「降っている」か、でも
違ってきますね。

短期でみると、変動を捉えられ
長期でみると、展望がひらけます。

かの、徳島からは
台風一過の素晴らしい青空の写真が届きました。
嬉しくなりました。

台風は通り過ぎる。
雨はいつか止みます。

私も、今、
駅構内で台風をしのげています。
しっかりした靴で足元を確かにして出勤したので
快適です。

短期にみる、長期にみる。
大切にしたいです。

どうか皆さま、おすこやかに。

« outputの機会は毎日ある | トップページ | 空間は大事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/41890322

この記事へのトラックバック一覧です: 短期でみる、長期でみる:

« outputの機会は毎日ある | トップページ | 空間は大事 »