amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 探求のエニアグラム | トップページ | 健康診断 »

課題の管理

問題とは「あるべき状態と現状とのギャップ、差」である
という定義は、よく見ます。
これを「課題」と呼ぶ人もいるとかもしれません。

私の職場では「課題管理表」というフォーマットを使います。
チームの仕事、あるいはプロジェクトの遂行で
曖昧であったり、未決着なもの、もっとこうだったらいいのに、
を表にして、
納期と担当者を並記して一覧させておく
というものです。

ただし、細かいのを書き出すと
「そんなのは個人のTo Do Listにしとけばいいだろう」
とたしなめられます。
あまり数多いと、チームやプロジェクトとして取り組むにあたって焦点がボケる
というのもあるからね。

私はどちらかというと
この課題管理表を
わーっっとたくさん書いてしまうほう。
さらに、
書いたことは覚えてるのだけど
納期を忘れたり、他人に振れなかったり、
煮詰まることも多かったのです。

最近の私は
課題管理表を書いたら
その点検役を他人にやってもらうことにしています。
できれば
中身はよく知らないけど、終わってる?
終わってなければあとどれくらい?
勝算ある?
と、冷静にきいてくれるほうが助かるので、
そういう人に役割分担してもらいます。

それと、課題にする前に
「何が、本当に、課題なの?」
を、考える(紙に書く)か、
あるいは
やはりよく中身を知らない人に
5W1Hを質問してもらうようにしています。

これで、説明できない、あるいは
質問に対する単なる回答なのに相手を説得しにかかったら
課題としては練れてない。思いが強すぎて共有しづらいとか
事実に基づいてなかったり
深堀がたりないです。

課題の洗い出しには
あるべき状態についても
現状についても
フラットでシンプルな認識や表現が必要です。
共有できて、潜在的なものが浮かびあがるように。

とはいえ
なかなかできないので、
私自身のあり方が、フラット?シンプル?
と自己観察です。
ついつい、ルーティンに逃げて、カラカラ回ったしまわぬよう。


おやすみなさい、また明日。

« 探求のエニアグラム | トップページ | 健康診断 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/40690136

この記事へのトラックバック一覧です: 課題の管理:

« 探求のエニアグラム | トップページ | 健康診断 »