amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« つらいなら、よかったら話して | トップページ | 私の領域、子の領域 »

わかったことがある

子供の学校行かない話を
今日初めて、
まとまった時間できいていただけました。
話していてわかったことがあります。

子に対して

学校にいってほしい、
このまま人間関係を思い込んで離れることを、
この先の解決方法にはしてほしくない
という思いと

いくのいかないのハブられるのと、
つらい思いをしているなら、
学校へは行かなくていいから、
つらい思いを少なくしてほしい、
という思いを

まさに、
いったりきたりしていること。

今こそ学びを活かしたいのに
手段に出られず
それもよけい自分を責めて

ワタシはしんどい
ということでした。
あー、ワタシつらいんだ。

で、今書いていて
明らかに再認識したのは

先に書いた
子に対する行ったりきたりする思いは
私の私に対する思い、でもある。
子は、私なのだと思う。
一緒にしてますよ、私も子も。

学校を
職場というか
日頃暮らす場に置き換えたら
ハマるんだもの。
子は(私とは違うから)
「行かない」道を選び
その道に私は納得いかない。
子はこう思ってる(だろう)は
私の考えです。


あー、それがわかるとだなー。

とスカートの砂をはらって
立ち上がってみます。

よし子さん、感謝です。
あと、今日の様々な出来事と仲間に♪

« つらいなら、よかったら話して | トップページ | 私の領域、子の領域 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/38750346

この記事へのトラックバック一覧です: わかったことがある:

« つらいなら、よかったら話して | トップページ | 私の領域、子の領域 »