amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 健やかさのためにできること | トップページ | 健やかさのために【学びと仕事】 »

健やかさのために【仕事編】

健やかさ。
大切にしたいことを見いだし、携え
本来のありようで
シンプルに、日々あたらしくいられる様子。

私の仕事について「健やかさのためにできること」を考えます。

私の仕事は、生活協同組合の情報システム部門のスタッフです。
現在の主な職務は、コストの集計や予測、それにかかわる関わる書類の流通と保存です。
「情報システム部門」は、大きくいうと組織内のシステムを作る(買う・利用する)、動かすのが主な役割です。
他社に発注すればコストが発生します。システムをつくれば会社の資産になります。よって事前にしかるべき会議体に計画を承認してもらい、お金を払うときは妥当性を示す資料を揃えて経理部門へ渡します。払った後は記録をとり、集計し、経理資料と整合性をとります。
毎月いくら使っているか。今年はあといくら使う見込みか。
来年いくら、あと3年はいくら使うか、
どれくらいの資産を得る(増やす)か、場合によっては捨てるか。
実際に決めるのは、各プロジェクトなり役員なので、決める人が判断しやすいように報告すること、そこまでの流れをスムーズにすることが、私とチームの仕事です。
企業によっては、これを経理部門で行っているところもあると思います。また、コスト集計のためにスタッフをおくのではなく、各人が自分たちでやっているところもあるでしょう。

私は情報システム部門での職歴の多くを「システムを動かす」ことと「その他」にあたる職務で過ごしてきました。
その他、というのはたとえば、新人や、異動したての人たちに、円滑に業務にあたってもらえるように、一定期間で訓練するとか。
業務の流れや言葉、使う書式の標準を作成し浸透させ、使われているか確認するとか。
「作る」「動かす」にダイレクトに携わるのではなく、その周辺で、隙間を縫うような仕事をしてきたように思います。

この隙間を縫うような職務に、いつもどこか自分の力に自信がなく、評価もされていないように思っていました。
どういう実力があるか、資格をとることで示そうとしていた時期もあります。
自社や自分の部署ではなく、他社の人たちと研究活動に出るようにもなりました。
打ち込めるものを自社の外に求めて、楽しさも苦しさも経験する一方で、自社の仕事には、不得意な感じ、どうすすめていいかわからない、何が正解かが読めない感じを持ってきました。
私の本当にやりたいことは違う、と思った時期もありました。

ただ、最近あらためて考えるようになったこと。
本当にやりたいことは「外」にあるのではなかった。
確かに、活動の場を外に求めたけれど、熱を込めて何かをしていたとき、それは「外」ではなくて、「私とそのチーム」でした。
そこで熱を込めて語っていたことは、私のそれまでの仕事で大切に思ってきたことでした。
そして相手が大切に思うこと、熱を込めて語ることを、聴いたり生かしたりしていました。
私が大切に思うことを、くんでくれた人たちに支えられていました。
そう思えた瞬間は私にとって「外」ではなかったのです。

私なりに熱をこめた仕事になっていればそこは「外」ではない。
そこに熱をこめられるかどうかは私の意識の問題です。
それは「外」に求めたから、わかったことでもありました。

私は今、自社での仕事、
コストを集計し報告する仕事、申請などの判断経緯を残す書類を、他人にわかるように流し保存する仕事について、
「関わる人たちにとってどれだけわかりやすく、円滑になるか」
を評価軸にしようと考えています。

職場の人たちは、コストにからんで何がわかりづらく、困っているか、この仕事に何を期待しているかを、現場で、見て、訊いてみようと思っています。
一方、「数値や書類について、他人(他部署)に分かりやすく報告して残すことは、自分たちの仕事を効率よく整理できること」
という私たちのチームの主張も携えて、現場へ出ようと思います。

コスト集計と報告は、どういう単位や周期で何のために報告するか、判断のためにどう貢献できるか、ある判断の結果どういう計画や行動がなされるか、と、一連の流れの中にあります。
その流れをシンプルによどみなく流すことが、私とチームの仕事です。
そのために機能できているか。
滞る箇所を正視できるか、
私に問われています。

« 健やかさのためにできること | トップページ | 健やかさのために【学びと仕事】 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/38224837

この記事へのトラックバック一覧です: 健やかさのために【仕事編】:

« 健やかさのためにできること | トップページ | 健やかさのために【学びと仕事】 »