amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 「人」としてみることの痛みと愛と | トップページ | 私は何者でもなく、何者でもありうる »

がっつりガールズトーク

今日は、のと家ひねもすさんと
齋藤めぐみさんとで
がっつりとガールズトークでした。

リアルでお会いするのは、
私と、のと家ひねもすさんは二度目、
めぐみさんとのと家ひねもすさんは初めて。
でもお互いブログやSNSで興味を持って触れているので
長きにわたる知り合いのようです。

ひねもすさんがキャリアカウンセリングに興味関心を持った頃
キャリアカウンセラーとしてめぐみさんが載った新聞記事を読んでいて、
その前後に私がセミナーに参加してめぐみさんと初めて会っていて
私がGCDFの勉強始めようかどうしようかと逡巡したころに
SNSで「はじめまして」とひねもすさんが後押ししてくれた
という
お互いの「ひき」で偶然つながった面白い三人です。

もうひとつ面白いと思ったのは、
それぞれが決して順風満帆に仕事をしていない頃
ナントカしなくてはと道であがいたりチェンジしたころに
お互い関わりをもったということでした。

「面白くない」「大変な」仕事でも
そのなかで次の幸運をつかむかもしれない。
好きな仕事、得意な仕事だけをやっていたら
出会わないし変化もできなかったかもしれない。

パワーを出し惜しみしない。
チャンスはとにかく前髪をつかむ。
後のことはつかんでから考える。

ガールズトークのさなか
そんな生き方を今日は学びました。
私も言い訳しないで、
何かoutputに出てみようと思いましたとさ!
(なぜビックリマーク 笑)

キャリア=生きること。
私は、「自分の価値観に触れて語る場」と
「真摯に聴く場」を増やしたい。

よし!

パワーをくれてありがとうでした♪

« 「人」としてみることの痛みと愛と | トップページ | 私は何者でもなく、何者でもありうる »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/36098554

この記事へのトラックバック一覧です: がっつりガールズトーク:

« 「人」としてみることの痛みと愛と | トップページ | 私は何者でもなく、何者でもありうる »