amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 同級生が参院選に | トップページ | 雨天の夜にて »

感情に気づき味わい尽くして手放す

事実かわからないことは事実を確かめてから、
考える、意見を持つ、
ましてや悲しんだり責めたりするのはその後だ

…と、ここまで書いて気づく。

悲しいとか、誰かを責める気持ちは、「後で」にはできない、とっさに起きるものです。
必要以上に無意識に反芻するから自分を痛めるのでしょう。

なかったことにせず、または後回しにせず、その場で気づくことが大切だと思います。

で、難しいけど、味わい切ってからその感情を「手放す。」

言いたかったことは、
頭や心で無意識に繰り返す「いつもこうなんだから」的モノローグに気づこう、で、味わい尽くして手放そう、ということです。

やや中途半端なまま、リリース。

« 同級生が参院選に | トップページ | 雨天の夜にて »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/34234994

この記事へのトラックバック一覧です: 感情に気づき味わい尽くして手放す:

« 同級生が参院選に | トップページ | 雨天の夜にて »