amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 役に立つってどういうこと?その2 | トップページ | 古代エジプトに人間の可能性を知る »

歯医者さん通い

1月に顔が腫れるほど歯茎を腫らして以来。
オヤシラズを抜いた後は歯石取りに通っています。
歯や歯茎の色も状態もかなりよくなったもの、奥はあまり状態がよくないようです。歯のぐらぐらが直りません。

昨日は歯医者さんから今後の治療に向けて話を聞きました。
歯を支える骨が少なくなってしまった奥の歯茎は、再生させるためには歯を抜いて整えたほうがよい。
ただし五年くらいは磨きながら持たせることは可能。
それでも状態がさらに悪くなってから抜くと、骨が再生できないまま入れ歯装着となる。入れ歯の土台は骨なので、骨がちゃんとないと苦労する。
どこまで治療するかはいくつか選択があるから、歯石全部取りきったところで相談しましょう。と。

うーん。

それと、私の場合、噛み合わせに特徴があって、上下の奥歯が常にくっついている。
て言われて初めて気がついたけど、皆さんどうでしょう?
普段、別にモノも食べず黙ってる時、上下の奥歯は離れているものなんだそうだが??

私はしっかり閉じていて、気がつくと、奥歯に、くっと力が入っています。
これが、余計に歯を揺らし歯茎を痛めるのだそうです。

歯の健康のためには、くいしばらない。
肩こり予防にもなるそうですよ。
お気をつけあれ。

« 役に立つってどういうこと?その2 | トップページ | 古代エジプトに人間の可能性を知る »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/33855523

この記事へのトラックバック一覧です: 歯医者さん通い:

« 役に立つってどういうこと?その2 | トップページ | 古代エジプトに人間の可能性を知る »