amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« スプレッドシートでわかりあう | トップページ | 問いのある一日 »

病院に行ってみて

身内が手術をしたので、久しぶりに大きな病院に一日居ました。
そこで浮かんだそこはかとないことを記します。

病院は治療しに行くところだから、関係者の人的・技術的力量が中心に問われるし、それこそがもっとも必要な場所だとは思います。究極のソフト重視というか。
ただハード面がもう少し充実していればいいのに、と思いました。
建物の修繕はなかなかしづらいとは思う。そこへもって弱い人達が集まり寝泊りしている場所だ。後から手を入れるのは大変。後回しになるのはわかります。
それだからこそ、病院を最初に作るときの建物の設計はとても大切だと思います。
全くの素人だから的を得てないかもしれないけれど、大勢の人が集まる場所も病室も、なるべく明るく(明かり取りの窓を多くするとか)、シンプルにつくっておく必要があるような気がします。
水まわりをキレイに使える工夫も必要。
弱い人たちが集まる場所だからこそ、ディズニーランドばりにキレイならいいのに。
もちろん人手をかければお金がかかるだろうから、そのケアが簡単にできるように、本当にシンプルに掃除しやすい空間ならいいのに、と思いました。

それと、ご飯がおいしければなー。もう少し。
しょうがないとは思うよ、絶対お金かけるところ別だって、周囲の認知があるからよけい。
「お金出せる人が出せばいい」っていうんじゃなくて、全体的底上げできないだろうか?

それと病院で着るパジャマは前開きである程度ボタンが大きい、柔らかい素材が必須だと思う。ただ、患者さんの家族が買ってくるパジャマは「いかにも」っぽい柄が多い。病院では起きて売店や院内散歩する普段着になるパジャマ。病院内のちょっとしたスペースでシンプルなパジャマが安く売ってたらいいのに。
ユニクロさん、しまむらさん、なんとかなりませんか。
ユニクロにはスタイリッシュあるいはシンプルなスウェットの上下が確かにあるけど、「かぶり」は病院でのパジャマの代わりにならないんですよね。

衣食住が制限されている弱い立場の人たちが我慢しなければいけないことが多いのって、かえって治療に専念できないんじゃないだろうか。
病気だから仕方ないよね、じゃなくて、生活の質だって大事だと思う。わがまま?キレイごと?

« スプレッドシートでわかりあう | トップページ | 問いのある一日 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/33558962

この記事へのトラックバック一覧です: 病院に行ってみて:

« スプレッドシートでわかりあう | トップページ | 問いのある一日 »