amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

ありがとうで送り、おめでとうで迎える

2009年は、こんな年でした。

社外の方とグループを組んでの論文作成とプレゼンをやり遂げました。
多くの学びの場で自分の軸を発見でき、地に足の着いた実感を得られました。
旧友に再会し、新たな友人や信頼の師も増えました。生きること、死ぬこと、死に際し互いに遺しあう確かさを体験しました。

一方、職業生活上はまだ課題が多いです。
家庭生活も雑が目立ちます。

ただ全ての場面で、私は一人きりではない、と感じます。
おたがいさまであり、学びあい、分け合う一年でした。

アタマの中だけに居るときの寂しさや辛さの反面、
穏やかに居られて人とともにある時は、豊かで幸せです。

自分も人も元気になる仕事をする。
これは私の変わらぬテーマです。
自分の怖れや自責にとらわれるとき、私は仲間を思います。周りをちゃんと見ます。深呼吸をします。
さまざまな人、モノ、コトに支えられている。
そのことに気づけるとき、私は元気で、おそらく人を元気にする仕事ができます。

一人ではできない。
たびたび訪れてくれる方も、今日たまたまきてくれた方も
つながっているあなたとだからできることです。

いつも、ありがとう!

感謝をこめて今年を送りたいと思います。

仕事は納めてみた

残課題を洗い出し、
今日貰えるハンコは貰いまくり、
とにかく今日で仕事は御用納め。

さて!
これからワタシの御用納めに入ります。

まだまだっ

昨日朝怒涛の点検後に仕事の納品を終えたあと、追加問合せがあるかと待機するものの何もなく。

一応、午後も待機と相成り、じゃあ、と職場の座席近くにあった11月の引っ越し以来「開かずの段ボール」を処分したり、すっかり「終わった」モード全開に。

…イヤイヤまだ終わってない、あれもこれも準備があるじゃんか。
手近な納期にやっつけで間に合わせて準備を怠るのがワタシの悪い癖。

それでも急に肩や足腰がきしみ出し、気持ち早めに帰宅しお風呂に入っていつの間にか布団にばたっと。

気がついたら朝7時でした。
8時間は寝たと思う、ビックリ。
肩のコリがかなり取れてます。

いい意味で、いつもと同じ、年の暮れ。
小売やサービスはカキイレドキ、テレビで見た朝7時のアメ横の賑わいに刺激されました。

さぁ、いっちょケリつけに行ってまいりましょう!

夕暮れ

胸がいたくなるくらい濃密な
切り絵のような夕暮れです。

旧正月?

各所気忙しかったりのんびりだったり様々でしょうが、怪我のないよう、新しい年を迎えたいものです。

私は、といえば、一人勝手に「いっそ旧正月ってことにしようかな」と思う今日この頃です。

さぁ、ファイトだぞ〜

まずは納品完了

今日納期の資料は、さっきなんとか完了。
とはいえ同僚と点検が必要で、明日の早朝、納品先の始業前にやることにして、電車に駆け込みました。
明日10時までには上司がもひとつ上の上司に説明できる形に整えます。

なんとかなった気がするが、あともう一息です。

よく寝よう(-_-)zz

おやすみなさい。

お掃除三昧、休日を楽しむ

今日は大掃除とまではいかないけれど、家で気になっていたところを掃除できました。

台所は重曹と粉石鹸を混ぜて水で溶いたもので磨きました。
重曹は本当に便利。台所用の強力洗剤は使わなくなって久しいです。
陽のあるうちに急いで、窓ガラスを新聞紙で水ぶき。
箪笥のなかの不要物を捨てて、明日のゴミに備えます。

正月に実家に持ち込むお土産なども準備しました。
自分でつくったものではなくて、義理の母からの預かり物を、妹や弟とその家族に渡すためにまとめておきます。
この数年で、妹や弟に家族が増えました。
そういえばそんなことも思い出す年の暮れです。

・・・今、テレビで「坂の上の雲」を見ていました。原作本を読んでいたときもそう思ったのですが、日本が、今存在するのは奇跡のようなものです。
どの時代にあっても、知恵と勇気をつくして生きたいものです。

すっちゃかめっちゃかな年の暮れ

去年も似たようなもんだったんだっけなぁ??

明日は今年最後の日曜日。
家の仕事は片付けたいことが満載。
でも職場で月曜日にだす提出物は、まだ仕上がってない。

職場で今日午後、予想以上に何も手がついてないことを発見し、なんとか踏張って終わらせたことは、そういえば去年私が自分でやりきれなくて先輩に投げた仕事だった。

一昨日と昨日、上司がやり倒した仕事は、私が手付かずでほっといた仕事だった。

その他、毎日事件は起きてる。落ち込み暇なく、時間は過ぎる。とにかく前に。
ホントに、なんとかならんのか、自分。


でも、うーん
…明日は家の仕事に決定。
職場の一員でも、家族の一員でもある。

去年の今頃は、社外グループ活動で、論文書いたりあちこち出かけたりもしてた。
その間、職場では先輩がフォローしてくれてた。
家のことは覚えてないが、それくらい無自覚にだんなに頼ってたんだろう。

気が付くと、たいてい自分のことばかり、鉄砲玉のように外に出ていっては求め、自分のアタマの中で揺れてる。

明日はとにかく一回家のほうをクリアしよう。

ごく普通の12月24日

昨日仕事で提出物を一個出せて、来週月曜日までにあと3つ出せると一段落。
年末に年明けの準備して、年明けは別の仕事。
…今日と先の仕事のことを考えてげんなりした瞬間。


仕事があること。
家族が無事なこと。
毎日ご飯が食べられること。
仲間が毎日の仕事をきっちりこなしてくれること。

朝焼けが突き抜けていて
空が高くて青いこと。

これは皆、あたりまえじゃない、ギフトだなぁと思いました。


今日は提出日4日前のカウントダウンをしつつ、小さくてたくさんのありがとうを皆に伝えようと思います。

感謝

読みに来て下さる皆さん、
いつもどうもありがとう。

今日も高くて青い空のした、
皆さんとのつながりに支えられています。

今年一年の出来事と想いと言葉と行動に、感謝します。

仕分け つづき

仕分けてもらうにせよ
自分で仕分けるにせよ
それは手段の問題です。

今のままで私や周囲が仕事をしていて幸せを感じないなら、どういう状態なら幸せかを考えたいです。

自分一人、楽できればいい。
自分一人、頑張ればいい。
自分一人、何でこんなに。
上の三つは、同じことです。
「自分一人」という点において、同じことです。
私ばっかり…って考えちゃうのは満たされない気持ちの裏返しです。

どうあれば私は幸せか。
それは私が決めること。
今物理的に時間を費やしていることは何のためか、そこに歪みや怖れがないか、
それを捉えるのは私の課題です。

チームの仕事は、ただそのまま他チームに振ればいいってものじゃない。減らせる仕事、止められる仕事は自分で減らす。
でもそれがやりきれないで自分が抱えたら、自分がしんどくなる。続けば、アンハッピー。
それなら誰かに仕分けてもらうのも大事な手段です。

ホントにやる必要があるなら、
って、それは自分でやる、誰かに仕分けてもらう、人に任せる、いろいろなケースがあるけど、
どんなケースであれ、ハラを決める。
人のせいにしない。

何度でも何度でも何度でも、私は自分に言います。

ワタシの幸せは、ワタシが決める。
どこか遠いところではなく、幸せはワタシの中にある。

仕分け

自分の仕事を他人に「仕分け」されるところを、一瞬想像した。

知らない人にばさばさ、気持ちも酌んでもらえず仕分けられたら、絶望的な気持ちだ。

でも、人にもよるし、状況にもよる。
滞りの主要因になってたら、それでミッション果たせないなら、気持ちもへったくれもない。

他人に仕分けられるくらいなら自分で。
…こういう執着が災いの元。

いまこそ心の蓮舫女史の出番か。

しょうがシロップを作る

しょうがシロップを作っています。

作り方はこちら。
イトイ式しょうがシロップの作り方

しょうがの量は約100gと約9分の1ながら
砂糖はきび砂糖を、そして
スパイスは粉のシナモンとカルダモン
そしてレモンもちゃんと使い
極力忠実に作成しました。

今、室温まで冷ましているところ。
さっきつまんだしょうがの、
喉と腹によく効くこと。

楽しみです。

石垣島ジンジャーエール

久しぶりに家のパソコンを開きました。
このジンジャーエールの存在を知って、ぜひ手に入れたかったからです。

石垣島ジンジャーエール


濃いめのジンジャーエールが好き。
これはかなり本格的な「におい」がします。

手に入ったらすぐ感想アップしますね。

空が高ぁい!

日本の、埼玉県所沢市上空は
相当クリアで青くて高いです!

細胞が生き返ります。

風が冷たいけど、なるべく日陰を選んで(ひなただとまぶしくて空が見えないので)空を楽しみます。

夜のテンション、朝のクリアさ

夜はテンションが上がってて様々なことを考えてクリアしたように思えても、アタマが先に行き過ぎていて、朝になると独りよがりや抜け漏れがあることが、私は多いです。

朝に仕事すると、クリアさが後押ししてくれてスムーズです。ただし、エンジンかかりづらい時もあります。

朝型は崩したくない。
テンションに頼りきるのも問題です。

今日はテンションの誘惑を振り切って、早く帰ろうと思います。

電車に飛び乗る

通勤にて。

11月に勤務先が引っ越してからは、朝、最寄駅から急行に乗ってはいけない。乗換駅に急行は停まらないから。

でも11月までは終点までいかに早く着くかが重要、急行乗るのが前提。そのために各駅停車をやり過ごすことは普通にできていた。

さて。
この1ヶ月半で、私がつい急行にのり、気づくと乗換駅を高速で通過!したことが、少なくとも3回ある。

今朝も。

わが師、高岡よし子、ティム・マクリーン共著「エニアグラム自分のことが分かる本」では、自分の性格からつい反応的に行動してしまわないように、と
「来た列車に飛び乗ってはいけない」
という比喩で紹介されている。

まさに地でいく展開である。
ガックリ。

でも、戻るときの電車は座れるからいいや、とか、携帯見てられるからいいか、とか、
プラスに考えて、今日の留意点。

「行動前は、呼吸を一回。」

オチなし。オソマツ。

朝がとてもクリアだったこと

今日の朝焼けはいつまでも赤く澄んでいて、明けきってからも空と空気がクリアでした。

こんな空の下を歩けるから、朝は大好きです。

姿勢に気づく

一昨日の座禅。
昨日の睡眠とゴロ寝。

今朝起きて身体、特に背中と腰のあたりにギクシャク感があります。
台所で湯を沸かしながら、はっと気づいて、姿勢をまっすぐにしてみました。

立ち姿勢が随分肩が丸まって顎が出ている。
それを、顎を引き、腹筋とお尻をくっと締めて、アタマの先を釣られるように、肩と肩胛骨を下ろして立ってみる。
それだけでもだいぶスッキリします。

姿勢を正したり緩めたりしたせいか、姿勢を自覚できるようになっています。

朝からだいぶ爽やかです。

何もしない一日

こんな一日が、たまに私にはある。
本当は仕事があったのに。
家でつぶれてました。

具合は悪くありません。
起き上がらないだけ。

そして、もう寝ます。
おやすみなさい。

自分とともに座り、人々と縁を深める一日

今日はC+F研究所の「トランスパーソナル禅」に参加、朝から夕方まで座禅会です。

座禅会の参加は初めて。
「30分の座禅→あるく」を何度か繰り返しました。
30分も座れるのかなぁ、と始め心配でしたが、やればできる。

静かな時間。
自分の移ろいを気づき、眺めながら座る。
こんなにも、「事実ではないこと」を考えてしまうくせがついてるんだな
と、座禅で気づきました。

楽な気持ちです。
これからも、座り続けたいです。


座禅のあとはC+F研究所の忘年会。
人に歴史あり。
心の道をゆく人々が集い、縁を結ぶ、暖かな場でした。

エニアグラムもバイロンケイティワークも、学びも出会いも多い、豊かな一年。

何より、お互いを全身全力で支える仲間がいることは幸せです。

いっしょくた

今日とか明日とかのレベルで今モノを考えていて、なかなか年末年始を展望できないワタシです。

10円合わない、と、何億円合わない。
予算と決算。
数字と文章。
考えることと手作業。
調整と決定と報告。
毎日全部がいっしょくたです。

その瞬間にできることはひとつしかない。

落ち着きたい。
ちゃんとしたい。
手放したい。

ふぁいと〜。

睡眠でクリア

睡眠は大事。

あ、時間とかじゃなくて、自分の納得感が大事ではないかと思います。

おとといと昨日、いよいよアタマが痛くなるほど「やらなきゃ」と「やりたくない」が拮抗し、「やりたくない」が勝って、ジタバタと帰宅。

睡眠。

朝かなりクリアです。

忙しい時ほど悪いことがおこると思ってしまうのは、自分を忙しくしているときほど、モノゴトを悪いように判断しているからかもしれません。

決断が遅いほど後始末が大変になる。
決めるのにクリアさがほしい。
私の場合、クリアさは納得感のある充分な睡眠と一緒にやってきます。


とにかく睡眠。
そして今日もファイト。

岩盤浴でデトックス

今日は10月にお友達になった方のお宅へ、岩盤浴をいただきに。

その方は、ある過敏症のため、岩盤浴によるデトックスは、いわば毎日の「生きる支え」です。

清潔で素晴らしい岩盤浴に1時間もいると、バスタオルがしっとりするほどの汗をかきます。
ぼあーん、と1時間半。

身体の中に熱が蓄えられて、内臓が活発に動きます。
帰りの夕焼けがキラキラにきれいに見えたのは、目の疲れがクリアしたから。

体温をきちんと上げるデトックス、本当に快適でした。

感謝!

どう思おうと生きているのだから

何も言わず、できることを手伝ってくれる人たちに感謝します。

周囲を、自分を、どう思おうと
生きているのだから。

明るくいよう。

おやすみなさい。

前に進む、決めは打つ

もっと段取りよくやれたら、スムーズで皆きれいに無駄なく動けるのかもしれない。

でもそのことで、今、自分を責めるのは止める。

同僚の
「もっと段取りよくやろうっていったのに」「そっちの進捗はどうなの?」「自分のヨミでは期限まで終わらないと思うし来年もこうなんだよ」「早くデータ欲しいんだけどまた忘れてない?」

これらの言葉に、いちいち自分を責めて、相手を憎んでた。
信頼の気持ちも持てなくなってた。

でも、決めた。
私は自分を傷つけない。
相手の口を封じようとも思わない。
一緒に頑張ってて、同じ位急かされてる。愚痴も出る。情報仕入れて他部門と調整してる私に文句も言いたくなる。

言ってよし。

私には、関係ないってことにする。

改善するとすれば、少しでも穏やかでいて、迷いを払い、前に進めて、決めを打つこと。

Happy Christmas

今日は自分の憎しみや怒りに苦しむ一日だったけど

さっき、ジョン・レノンのHappyChristmasを歌ったらかなり幸せになりました。

おやすみなさい
また明日ね。

積年の課題

毎日様々な問い合わせがやってきて、処理しきれないこともあるが、
一つ心がけることは、「私のところでカタつけられることはつける」ということ。

問い合わせをたらい回しにしない。
「どこへかけたらいいかわからないんですけど」という電話は極力焦点を絞る手伝いをする。
小さめなことが多いけど、コトを大きくしないように止める。

「自分で止める」は、しかし、時にその判断プロセスを人に判らせないという点でリスクとなる。

小さいことならともかく、意外と話が大きくなり、私というより、上司だとかその上のリスクになる。

心配をかけまいとしたり、煩わせないようにとしたことが、結果大きく煩わせることがある。

これは職業生活上、幾度となく起こしている、私の課題。

なんだか尻切れですが、今日はここまで。

情報が少ない方が落ち着くこともある

朝6時頃、家族が起きる前にシャワーを浴びていて、髪を洗ってシャンプーをすすごうと目を閉じていたら、さらに深い闇がやってきました。

風呂場の電球が切れたかとうっすら目をあけたら(まだシャンプーが残ってるからあくまで薄くあけたら)完全な闇になってます。

あ、脱衣場も消えてる、その向こうの台所もアウトだ。

私一人が起きていてシャワーだけ使ってるからブレーカーが落ちたわけではない。
一応、脱衣場のスイッチをオンオフして確認。反応なし。

シャワーも制御に電気をつかってるなと思い至り一旦止めました。案の定、お湯が冷たくなりかかってました。

頭はまだシャンプーがたっぷり。
薄目あけつつ、さてどうしたものか。
と思ってたら電気が点きました。
なんだったんだー??

それにしても。
目を開けてて突然風呂場で闇になったら、まずびっくりして慌てたと思うのです。
情報量の落差が大きすぎて。

暗いところから、さらな闇になったときに、落ち着いて状況を確かめられたのは、かえって情報が少なくてペースを保てたからではないか。

そんなことを考えました。

ちなみになぜ電気が消えたかは、まだよくわかりません。
マンションのお隣にも聞いてみなくちゃ。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »