amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 家計簿だってつけたことないのに! | トップページ | どっぷりつかるデータの海 »

家計簿だってつけたことないのに!後編

部の予算と実績、ふたを開けたら1ヶ月で、予想より2桁も数字が違っちゃってるじゃん、どうすんの、というお話のつづきです。

念のため。オチがある話ではないです。

私のいる部署は、関係者が使うシステムを作る・動かす部です。
作る、動かすお金は、関係者から集めています。
で、部の予算のとり方や計算のしかたを今年から変えたと。
それを、
関係者でシステムを使う=グループで旅行に行く、という話に例えてみます。

1)去年までのやり方

どっか店に入ってご飯食べたとか
タクシーのったとかいったら
グループのメンバーでそのつどお金集めて清算してたわけです。
それも、
ご飯なら、メニューどおりの金額を各自が一人ずつ会計するとか
タクシーなら、人数割りするとか、
場合によっていろいろやり方を変えてた。

それを、グループに参加している人、っていうか
実際参加している人よりも、そこにお金出してる親が
「いったい、旅行全体でいくらかかってるの?
贅沢してるんじゃないの?」
言い出しましたと。

旅行中に、
「小鉢だけでいい(!)」とか
「今日に昼ごはんは要らない」とか
「タクシーでいかないで電車にする」とか
そういう人に細かく答えて負担を変えたり
そういえば、AさんとBさんとCさんご飯のときお酒余計に飲んでたけど、そこも含めて割り勘じゃ不公平だよねえとDさんとEさんが言い出したから「じゃ、お酒飲んだ人追加!」なんてやってまして。

ひとつひとつを、「公平に」ってやってれば、
その場の参加者は納得するんだけど
トータルしたら「なんだかよくわかんない・・・」ってことになりましたと。
どうやって納得したかなんて忘れちゃったよ、とかね。


2)そこで今年からの変更

去年1年かけて、以下のようにしたのです

旅行はパック旅行にしましょう。
お代は先にいただきます。
おおまかにはこういうご飯と行き先です。
オプションで○○ツアーに行く方は少し余分に出してください。
で、割り勘にしますけど、配分の基準は?

「Aさんよく食べるしAさんが多いほうが。
 Bさんお金もってるからBさん多めに。
 Cさんち子供いるからたいへんよ、
 あら、子供も一緒ならその分もらわなくちゃ・・・」

じゃ「代表者の身長で」(え~!)

ってくらいのエイヤな変更でした。

2年ごしでパック旅行のパンフレットを書いたのは私の上司、
参加者の親御さんに説明にいったのは私の上司の上司他。
「そうはいったって去年まではこうだったじゃん、
それって不公平なんじゃないのぉぉ??」という参加者たちを
「身長ったら、身長にします!!」と説得しにいったのは、
上司と、私。
先にいただくお代はどれくらい?の
計算の元を出してきたのは部内のいろんな人たち。
で、最後、「お代はいくらにします」までを計算したのが、
私と同僚と先輩です。

パック旅行は、別にあまったって返さないけど、
私どもの場合、なんと、
いただいたお代と、かかったお金に差が出たら
お返しします。なんて言っちゃってるので。

参加者と、参加者の親御さんにわかる
1ヵ月ごとの「かかったお金」の報告をしなくてはならないわけです。
それも、
あんまり細かいと、よけいわからなくなくし
大雑把だと、「なんで?」ってことになるし

いちおう清算は年に2回やるってことでカンベンしてもらいました。


3)始まって1ヶ月

・・・それでもですね。
まだ1ヶ月しかたってないのに、

Aさん「冷蔵庫のビールは好きに飲んでいいの?」
私「お代には入ってないですから、フロントで自分で払ってください」
Aさん「え~??そんなことパンフにかいてなかったよ
 食事中のビールはフリードリンクなのに不公平じゃん」
私「うるさーい。いいからフロントで払ってくれ~」

Bさん
「明日のオプションツアーに急遽Dさんに参加してほしいんだけど
Dさん入れたらいくらになりますか?
Dさんは、いくらかわからないなら入らないって言ってて、
でも、私たちDさんはいると安くなるから入ってほしいんですよね」
っていうから、試算したりとか


ま、そういうのがドカドカくるのを計算したり調整したり
あっという間の1ヶ月。

旅行は1年だけど
とりあえず1か月分、どんなもんかなと〆てみたら、
差がエライ出ちゃいましたと。

うひゃー・・・


かかったお金はかなり地道に
レシート照らし合わせてつけています。
(ここは同僚にきっちりやってもらってると)
でも、出て行くお金は見えるところで払ったものだけじゃなくて
どうもいろんなところから出ている。
それを事前に解析して予算にしてるつもりが
「お?」ってところで意外なモレもあったりします。

で、ウナッテウナッテ、ざっぱに調べた結果として
今月払う予定だったけど、実際はもうすこし先でした、とか
そういう大きな理屈はわかった。

それでも、まだ、わかった根拠は、食い違った数字の半分でしかない。
明日また、がんばると。

家計簿といっしょにしちゃいけないんだろうけど
本当に私、お金の計算が、ダメなんだなぁ。
予算立てた段階で、なんでもう一歩読んでおかないんだ
って思います。
旅行でいうと、食事やツアーの中身にもう一歩詳しくなくて
あれ、コレくらいかかるはずだけどな、というカンがないまま
計算しているところがあるわけです。

いや、長くなってしまった。

オチはない話です。

ねよっと。おやすみなさい。

« 家計簿だってつけたことないのに! | トップページ | どっぷりつかるデータの海 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/29475941

この記事へのトラックバック一覧です: 家計簿だってつけたことないのに!後編:

« 家計簿だってつけたことないのに! | トップページ | どっぷりつかるデータの海 »