amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 作戦? | トップページ | 「こうあってほしい」と「こういたい」ということ »

クリアしてはみたものの

今週。

5/4に開いたメールとデータをきっかけに、4月の決算ででた予算と実績の、びっくりする差額の原因をツメておりました。

今日中に、本殿に報告をしなくてはいけない。
でも午前中はあれやこれや問い合わせが入ってしまいました。
最後の5%をどうツメるか、結局昼ごはんたべがてら、歩きながら考え。
この方法しかないだろうな、という一番地道な方法をセレクトし、同僚に手伝ってもらいながら解析。

そしたら、始めて30分で「これか!」という原因に突き当たりました。
約1ヶ月前に発見していて自分で大騒ぎしていた話でした。
「そういえばそうだったじゃん」と自分でツッコみながら、そのあとも小額の差額を同僚と全部ツメました。
いつもありがとう、同僚。

それにしても、何かしら、どこかでひっかかっては、いるんだよねぇ、あたしは。
でもそれをつなげて記録をとってなかったり、あるいは記録をとってても散逸させてるから、わからなくなってしまうんだ。

本殿からの問い合わせの電話にもスムーズに答えられ、
納品物も、なんとか仕上げ、
差額の要因をまとめた文書も、上司に送れて。

やれやれ。

でもね。本当に、でもね。

・・・この3日間の作業は、予算を作った12月から3月アタマに発見してクリアしてれば、不要な作業だったのです。
原因をちゃんと詰めてわかったけど、知らないな、あいまいだな、わかってなかった、というところが全部誤差になっていました。
でも「12月から3月の私」にそれを言ったとしてもすごい怒ると思う。
「こんな毎日目いっぱいなのに、私に全部クリアにワカレなんて無理に決まってんじゃん!」って。

じゃ、私じゃなくて、他の人ができるように、できてれば?

苦手だとわかってる仕事。
今年の抱負は、「この仕事を手放せるように、他の人ができるようにする」だったはずなのに。

~抱え込むことで、他人から見えなくなり、検証が不十分になる~
でしょ?って人に言われたら絶対ハラたつ、でも本当にそう。

抱え込んでしまおうとする、その瞬間の動機に気づきたい。
本当にその瞬間の、判断の問題だと思うのです。


ま、でも今日は自分をちょっと甘やかして、
こんなことを引用して終わりにします。
「それなりに元気で、明日を迎えられる」のが
どういうんだか、私の、おそらく強みなんだと思います。
だーからどうだ、ってわけじゃ、ないんですけどね。

-----------------
幸いというかありがたいことに、
仕事だの人生だのって、敗けたら退場というより、
「いくつも敗けて、いくつか勝つ」というような
長期的なリーグ戦のような気がします。
ケガしたり、審判に暴言はいたり、反則をとられたり、
不調でひっこんだり、なんのお役にも立たなかったり、
期待をうらぎったりうらぎられたり、自信をなくしたり、
そんなことを何度もくりかえして、
それでも懲りずに、それなりに元気で、
明日を迎えることが大切なことなのだと思っています。
----------------

『ともだちがやってきた。』糸井重里

« 作戦? | トップページ | 「こうあってほしい」と「こういたい」ということ »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/29521359

この記事へのトラックバック一覧です: クリアしてはみたものの:

« 作戦? | トップページ | 「こうあってほしい」と「こういたい」ということ »