amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 社外グループ活動第3回 | トップページ | あおぐ人、ぬぐう人 »

実務だからタイヘンなの?

社外グループ活動に対して、ワタシのやる気度は高い。

いや、もう少し砕くと。

出来上がった論文や報告資料を説明したり、
決定事項の背景含めて皆さんに伝えなくちゃ!ってポジティブに思えるとき、
先入観に囚われないとき、
活動自体に興味を持たれているとわかったとき、

ワタシは元気いっぱいです。

しかし。
先行き不透明、
話をうまく交通整理できない時、
意見の対立(その場以外での)、
自分が役に立ってないと思うとき、
先入観にとらわれる、あるいは他人から先入観で見られたとわかったとき、
理想はわかったけど具体的にどうすんのかちゃんと教えろまたはやれという声を自分で聞いたとき(勝手に人にそう言われてるだろうって思うのも含めて)

ワタシはへこたれます。

仲間を、同志を、導きを求めて外へ出ていきます。

今、その場で、自分とその周囲で、
できれば、その場しのぎではなく計画的に
「やらねばならないのにできない」。


今日、他部署の人と話して、
ワタシがやろうとする活動のテーマに、他部署の人が興味をもつのは、
それを「実現してくれる」と思うからだろうな、と今日思いました。

自部署だと「やらねばならない」からタイヘンに思うし、実際タイヘンなのです。

自分達でやる時には、仕組みもハートも必要だし、成果もすぐ見えない。

でも、実務にする、自分達でやるからタイヘンだよね、難しいよね、で
私は終わりたくないのです。

実務がつらくてタイヘンということを、私は変えたい。
単純に労働時間とかの問題じゃなく、あるいはワークライフバランスとればいいよねではなく。

自分(達)がやる気出して、整合性もとれる、喜べる実務にしたいのよ。

なんだよ〜決意表明かよ〜

続く(の??)

« 社外グループ活動第3回 | トップページ | あおぐ人、ぬぐう人 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/22357953

この記事へのトラックバック一覧です: 実務だからタイヘンなの?:

« 社外グループ活動第3回 | トップページ | あおぐ人、ぬぐう人 »