amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 大丈夫だからさ | トップページ | 【GCDF】第7回 気づき編 »

【GCDF】第7回

キャリア・ディベロップメントに関する理論の学習は今回が最後。

◇学んだこと

○社会的学習理論アプローチ
クライアントのキャリア選択、とくに行動面を支援する観点を得られる。

○言葉の定義
・学習(learning)=経験の結果生じる、比較的永続的な行動の変化・変容。ある経験でそれまでと違った行動あるいは新たな行動ができるようになること。
・学習は刺激(Stimulus)と反応(Response)の結びつき。
・強化(Reinforcement)=ある行動が発生する頻度を高めるために刺激を与えること。
・正の強化=報酬をあたえる、負の強化=嫌悪刺激を取り除く
例:刺激と行動の関係をネズミが学習してバーを押すようになる。
  ある行動=ネズミがバーを押す
  正の強化=エサを与える
  負の強化=電気ショックを取り除く
・社会的学習=他者の影響をうけて、社会的習慣、態度、価値観、行動を修得していく学習

○社会的学習理論の提唱者

<バンデューラ>
「モデリング」
人は直接に体験しなくても他者の行動を観察し真似ることで学習が成立する。
4つのステップ:注意(見る)→保持(記憶する、アタマでリハーサル)→運動再生(うごいてみる)→動機づけ(ほめられる、モデルがほめられる、自分で動機づける)
3つの効果:新しい行動を学習できる、行動を抑えるまたは抑えていたのを解放できる、反応を促進できる。

「自己効力(self Efficacy)」
ある仕事や活動がやり遂げられるだけの能力が自分にあると信じられる力。いってみれば「やればできる」と思える感覚。
自己効力に影響を与えるのは「成功体験(困難に打ち勝つ経験、スモールステップで」「代理経験(モデルがうまくやっているのを見る)」「社会的説得」「生理的感情的状況」…だがこの4つが起きているのを自分が捉えられる・認知できることが大事。

<クランボルツ>
キャリア決定に社会的学習理論を応用した。

・意思決定に影響をあたえる要素「遺伝的特性」「環境条件と出来事(個人のコントロールを超えるもの)「学習経験」「課題アプローチスキル」そして、この4つによって作られる「信念(belief)」

・信念
自分について…「課題効力感(課題が自分にできるかどうかの評価)」「関心」「価値」
自分の住んでいる世界について

・信念が適切でなかったり、機能的でなかったときに、人は問題を抱える。カウンセラーは、クライアントの信念の背景、本当に問題の原因か、潜在or顕在かをよく留意して面接をすすめる。効果的な介入でクライアント自信が信念のゆがみを修正できるよう支援する必要がある。(・・・ってこれは書くほど簡単じゃないぞっっ!!)

・計画された偶発性(Planned Happenstance)
個人のキャリアは偶然に起こる予期せぬ出来事で決まる事実はある。その偶発性を主体性や努力によって活用して偶発的な出来事を意図的に生み出すように積極的に行動することでキャリアを創造する機会を生み出せる。

失敗を恐れず失敗から学ぶこと、試行錯誤し続ける、起こったことはチャンスと捉えてうまくいくように行動し続けること。
そのために必要な力は
「好奇心」「持続すること」「柔軟でいること」「楽観的であること」「リスクをとれること」
自分のキャリアの強みにするためには
「計画された偶発性は今までの自分のキャリアの中にあると理解する」
「好奇心にしたがって学ぶ・探す新しい機会を作る」
「好ましい機会をつくるために具体的に行動する」

○意思決定論的アプローチ
クライアント自身が納得のいく意思決定ができるよう支援するために学ぶ。

・論理的・合理的な意思決定(どういう意思決定が合理的か)
「カーニーの7ステップ」
「ジェラッド(初期)の合理的意思決定モデル」
・実際的な意思決定(実際どういう意思決定をするか)
「ジェラッドの積極的不確実性(直観や心の声を信じろ)、全脳的アプローチ(右脳も左脳も使え)」

・意思決定スタイル
カーニー:本人が本人自身のことを知ってる・知らない、環境について知ってる・知らない の組み合わせで4つの型に分かれる
ディンクリッジ:回避する(延期、運命まかせ、いいなり、弱気)、実行する(直感、衝動、苦悩、計画)

リスクテーキングスタイル
・リスク無視、一番安全確実な策をとる、リスクを負うことを回避する、リスクとバランス考える。

意思決定のバリアについて「外的」「内的」

クライアントはスタイルも参考にしながらひとりひとりと向かい合って意思決定を支援する。

今日のワーク:
自分のライフラインシート(自分の生きてきた時間軸を横に、よかったことヘコんだことを縦軸にとって、波線で自分のよかったときヘコんだときをあらわす図)に、意思決定のときと、それがどういうスタイルの意思決定だったかを書き込む。
それを語る、聴く。

それと、自分の主な意思決定を10書いて、意思決定スタイルを記すワーク。

自分のこれから予想される意思決定について、内容とバリアを書いてから、それを15分語る、聴くワーク。

« 大丈夫だからさ | トップページ | 【GCDF】第7回 気づき編 »

GCDF(キャリアカウンセラー資格)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/32483/11711909

この記事へのトラックバック一覧です: 【GCDF】第7回:

« 大丈夫だからさ | トップページ | 【GCDF】第7回 気づき編 »