amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

昔の自分

今から10年前は様々な人の支えで混乱から立ち上がり子と夫との生活を始めつつあった。今から5年前は配属者抱えて駄目だしされつつ全体図を書いてた。その合間に事件や経験が様々あった。この数年で感情や真意を出さないでやりすごすずるさを覚えた。以前もっと感情が豊かだった気がする。ノスタルジーかもしれないが。

勉強したい?

学校、いってみたいなぁ。それ、勉強して何になるんだって言われても。身のほど知らずと言われても。実務でいくらでも勉強できるじゃんっていわれても。てか、レールに乗っかりたいだけなんじゃん?

今日の憩い2 題

その1。信頼する人の紹介で寄った陶芸展で湯呑を手に入れた。一番手に馴染む逸品を選ばせてもらえた、と作者に伝えたら、それは何よりだ、使い手にホッとしてもらいたいのだと言われ、不覚にも泣きそうになった。湯呑は職場のデスクで私を支えている。意識的に休みをくれる。 その2。駅にジューススタンドがあって、ちょっと疲れた時は生絞りに限る。その場で絞ってくれるのもよい。ビタミンと人の手が元気をくれる。

着メロ、エンドレス

駅のホームで「スティング」が鳴り続ける。思わず自分の携帯を探る。近くのオッサンの鞄からだ。オッサンは耳にイヤホン入ってるし、スナック菓子をばりばり食ってる。スティングは軽快に暴力的に鳴り続ける。自分の携帯を触りながらなんとなくオッサンをチラ見するも気づかない。電車が来て一駅間たっぷり鳴ったスティングは一度切れて再び猛然と鳴り出す。先方の苛立ちが伝わるようでこっちがどきどき。と、オッサン気づいてオタオタ取り出し、相当大音量のソレを緩慢に電源off。訪れる静寂。

逃げても

ついてくる。自分がごまかしてることは分かっている。時間と他人のせいにしている。ぐずなだけ。

電車で

椅子が、ぐぐぐ、と鳴る。おしりに微妙なバイブ感。スプリングの具合だと信じたい。でも、隣のおねいさん、すこおし、おしり浮かした気ぃすんだよねぇ。…ってことを、仮に隣のおねいさんに思われてたら、ショック。

エスプレッソマシン

某N社のエスプレッソマシンに2年位前の正月、デパートの初売りで遭遇した。ポーション型の粉?をセットするだけで掃除も簡単、種類も豊富、何より美味しい。しかし高い。すごいおいしいですねぇ、とか感心しながら3杯も4杯も試飲して身内に呆れられていた。しかし。その身内が最近たまたま試飲してマシン買いたくなったという。だぁろぉ?早く買わないかな。粉のセット位は喜んで贈呈するぞ。ちなみに週2回は駅前でエスプレッソに手を出してしまう。毎日でも飲みたい。

チェーンメール

子がチェーンメールを友達に送った。相手の親御さんから連絡が来てわかった。 早朝から子を起こし、事実と現物確認。何が悪かったか①自分がメール貰っていやだったのに人に回したこと②いやなメールがきた事を親に相談しなかったこと、以上をわからせて、いやな思いをさせたことについて詫びのメールと電話を本人から入れさせた。並行して保護者メールを第一報、状況把握後に入れ、電話でお詫びした。 事実が早くわかったし、相手も気心知れてたのでよかった。ただしこれでは終らない。

子がホームページを立ち上げる

 久しぶりにログインしたもんで、一瞬ログインとパスワードを忘れてしまった。というか、何度入れても入れなくてしょうがないのでIDを送って貰ったくらいだ。

 連休中に、子は、やふの力を借りて掲示板つきのホームページを立ち上げた。親は何も手伝ってない。掲示板の友達のを見ようみまねで、背景も文字もカーソルも、素材をうまく使って仕上げた。3ヶ月前くらいからアイドルの掲示板にハマっていたが、連休前には「これをホームページといって、日記みたいなのがぶろぐっていう、ってことがわかった」とかいっていたはずだ。それをHTMLをコピペして、トライアンドエラーしてるのだ。アクセス解析して、どの掲示板から来てくれている人が多い、とかやっている。
 日本語をちゃんと学ばせよう。それにしても、興味があるとどこまでもいくんだなぁ・・・
 

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »