amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

トップページ | 2006年2月 »

翔ぶが如く

新装版の8巻まで来た。明治10年だ。その頃のすったもんだや決断に比べたら、私の周囲なんてちいせェやね。

20代の頃から

20代の頃から一緒に過ごしてきた職場の先輩や同僚がいる。なぜか後輩はあまり長く勤めていないので、自分はいつまでも後輩気分だ。職場を辞めた先輩や同僚とも、とても大事な人たちのまま、お付き合いがある。いまだに話をたくさん聴いてもらってもいる。いまだに深い心遣いを受け取ったりする。職場での自分の立ち振る舞いやスタンスは、大切な先輩や同僚から教わったものが多い。

H#A&B

分かる人には分かる記号。

日付と場所を決めて、
あとは「会いたい」という思いと勇気と
実務能力があれば
生きているうちなら、会える。

酒の勢いでもなんでも
やりたいと思ったことに
日付だけは決めておくものだ。
皆ありがとう。会えてよかったさ。

現実は相手の側にある

自分の感情を素直に認めると、防衛が取れて、思い込みから自由になる。自分の思い込みをはずすことから、相手との関係は始まる。
現実は自分のアタマのなかではなく、相手の側にある。
ということを、言われて、そうか。と実感した。

私はxに対してyと考える、なぜならz(事実と感情)だから。

あなたはxに対してyと考える。なぜならz(事実と感情)だから。

授業参観

娘の授業参観。国語の「話し会いのしかた」。
教科書には、メンバーの脱線をさばきながらメンバーの意見を整理する司会、建設的な意見を述べるメンバーの会話がのっている。おお、すごい。小学4年生ならできるのか。大人のほうができないぞ。
授業は、班ごとに教科書を登場人物になりきって朗読し、それを他の班が「いいところをみつけて」評価する「聞く」の訓練。・・・をさせたいつもりなのだが、はじめは聞いてた子供達も、3、4班をこえるとさすがに少々飽きてきたか。
そのうち誰かがノートに何か書きながら
「こうやって書くと、サザエさんのエンドテーマに聞こえるんだよ、ほら。たらったったた、たらったったた、たらったったたったん、チャ」・・・それが小声で、じわじわとクラス内の悪ガキに広がっていく。
たらったったた、たらったったた、たらったったたったん、チャ
たらったったた、たらったったた、たらったったたったん、チャ
つい、おかしくて、笑いをこらえてしまった。申し訳ない、先生。
それにしても、たぶん”トリビア”でやってたんだろうな、と思って探したけど、トリビアってHPでネタ公開してないのね。けち。

寿命

2GBが、私のブログの寿命だ。大事に生きたい。

ともだちへの連絡

友達に土曜に会う場所の地図を送ろうと、家から年賀状(myアドレス帳)と一筆箋つかんで自宅をでて、通勤電車で手紙を書こうとしたら、肝心の地図がない。もう水曜の朝だ。 この行動には、自分としてはツッコミどころ満載なのだが、ま、なんとかなるだろう。

西遊記

あなどれないなぁ。西遊記。夢の世界から出てこられない三蔵法師を必死に呼ぶ悟空、夢から決別する三蔵。どちらにも深く共感。夢は自分の思い込みや閉じ籠りの世界にも通じる。娘と見ながら、自分はちょっと年とったのかも、と気付く。

社長?日記

社内ポータルでトップのブログが見られるようになった。

某社の日記を連想させるが、まぁ、いいか。

実験段階で書きためてたらしいものが一気に公開されたが、
仕事のような、遊びのような、本人のような、役割のような。
そんな文章だ。
ほどほどの晒し具合で、細く長く続けてほしいと思う。

ブログで遊ぶ(遊ばれる?)

自分のブログを見たら、「Ads by Google」という文字といくつかのリンクが。

ええ?なんで?管理ページでブログを表示したときには出てなかったのに。
ためしに記事を一つ削除しても、やはり出ている。
なぜ?私のIEのツールバーにGoogleツールバーがあるから????
と不信感いっぱいになりながら、「ココログサポート」で調べる。

以下「ココログサポート」引用
FAQ:トップの記事に表示される「Ads by Google」って何?
 ココログフリー版では、トップページの最初の記事の下に「Ads by Google」として、「Google」が提供する広告が表示されます。この広告は常にトップページの最初の記事、バックナンバーなどの複数記事の最初の記事、固定リンクページに表示され、消すことはできません。
---引用終わり。

なぁるほどぉぉぉぉ。
確かに私は「へぇ、無料でブログができるのか」と惹かれて、週末ここまでたどり着いた。
無料だもんね。どこかで対価は払わないとね。
それにしてもAdsって何の略だろう。
広告は大容量ファイル送信サービスだ。半年前くらいに人から大阪ガスのサービスを教えてもらったときに「へぇ、そういうサービスがあるんだ」と随分感激した。その時は圧縮しても3MBくらいのデータを即送る必要があって、困ってたら受け取り手が教えてくれた。そのときは無料だったと思う。そういえば、なぜ無料だったのだろう?そして、なぜ「大阪ガス」だったのだろう?
そんなことも知らないのか、とよく知ってる人は思うかもしれないけど、知らなかった。
このサービスを知る前、他社に7MBのファイルをメールで送ろうとしたとき、相手のメールサーバー(正確にいうと、何に拒否されたことになるんだろう?)に「うちは1MBまでしか受けとりません」と英語で拒否され、しおしおとファイルを7分割して7回メールを送った。
当時の私は「あまり大容量のファイルを送っては迷惑だ」という知識はあっても、あまり具体的な基準や数値ではなく、感覚的な配慮の範囲だった。
無料のファイル転送サービスを教えてくれた人は、メールなど自分がどういうシステム環境にあるかをちゃんと分かった上で、「こうしてくれ」と相手の私に伝えた。やりとりのメールはとても短かかったが、やりたいことは実現できた。今でも私が信頼を置く人だ。

この週末、TV「初めてスカッシュをやってみる芸能人」という企画を2回見た。

子と昼ご飯を食べよう。それからファシリテーション関連の本の再読だ。この力を身につけたい。本読んでから、力が具体的にまだついてない。

自己紹介

自己紹介をどうぞ、といわれると、困る性質だ。

平静を保ちながら内心はじくじく、おろおろ。エエカッコシイなのだ。
ひとことふたことで、さっくりとスマートにこなす人を見ると、感動する。

今日は学童の保護者会のあと、学習塾で子のテスト答案を受け取る。子は通塾は頑なに拒否するが、テストは受ける。点数の出る勝負事がキライではないのだろう。

首都圏に雪。電車が2~3分遅れている、と、TVにテロップが流れる。

本3冊購入。そのうち2冊の書名に「技術」がついていた。技術を高めようとするけれど、でもほんとに自分が伝えたい、だから身につけたいことはなんだろう?本当に必要と思うことはなんだろう?とぐるぐる同じ地点に戻る。

トップページ | 2006年2月 »