コンタクト

アドレス(URL):

1行紹介

すこやかさのために、できることを。

自己紹介文

こんにちは。
1万分の1の地図があればどこへでも歩いていけます。
購読している新聞はほぼ日刊イトイ新聞です。
昭和30年代位の暮らしのシンプルさが憧れです。
生活協同組合の事務職をしています。

C+F研究所にて
http://www.transpersonal.co.jp/
エニアグラムの学徒。

↓エニアグラムとは
http://www.transpersonal.co.jp/work/ennea.html

「タイプ」を超えてそれぞれの人が持つ本質の輝く瞬間を私は大切にしたいです。学びの道は続きます。

2010.5月から、区切り打ちで歩き遍路を始めました。

2008年8月 GCDFキャリアカウンセラー資格取得

<宣言>
すこやかさのためにできることを。


「何が正解だろう?」
私の得意なのは、
期待に応えて、基準を調べて、適切な着地点をを見つけだすことです。
「みんなで頑張りたい。」
私の好きなのは、仲間と力を尽くすことです。
変化の少ない、一定の枠組みの中では、有効に機能してきました。

環境や周囲、自分自身の変化に対応するのは苦手です。
これって合ってる?間違ってない?今でもどきどきします。

誰かのせいにしてかわしても、自分自身からは逃げられない。
自分で考える、とはどういうことか。
本当は何をしたいか。
大切にしたいことは何か。

信頼するキャリアカウンセラーに聴いてもらえた機会、
キャリアカウンセリングを仲間と学び、語り、聴いた経験
「自己理解・他者理解の地図」探求するエニアグラムを学ぶ経験から
このように考えています。

変わらないものはない。
変化には翻弄されず、受け止められます。
いくつになっても、どんなときも
私にも、あなたのなかにも
確かな輝きがあるからです。

「大切にしたいことは何ですか」

膝をつくようにつらいとき
心が躍るように楽しいとき
こんなことがいつまで続くだろうと思うとき
これ以上の喜びはないと思うとき

できごとや感情の大きな波にのまれそうでも
私たち自身のなかに確かな輝きがあります。
大切にしたいことは胸の中にあります。
私に、あなたに、チームに、職場に、今いる場所に
大切にしたいこと、輝きがあります。

おのおのの輝きを見いだして毎日を過ごせること
シンプルに、日々あたらしく
本来のありようでそこにいられることを
私は「すこやかさ」とよびます。

私が大切にしたいのは、
私自身と、関わる人たちと、
仕事と、生活と、社会の「すこやかさ」です。

「大切なことは何ですか。」

過去でも未来でもなく
すこやかでいられる、その一瞬があることを
つたえるために、できることをする。
それが私の行動です。

一人で抱えず誰かと分ける。
きく、はなす。探求する。
こころ、身体、考えのバランスをとる。
自分、家族、社会、経済の調和をとる。
変化する環境を、受け止める。

一人ではできなくても
他人がいるからできることがあります。
大人になった、年齢を重ねたからこそ
できることがあります。

今、目の前の道をともに歩けるように、
おのおののすこやかさを愛せるように
私のできることを少しでも。

今、私の持っているささやかな力は、
人と物事に関わるときの勇気です。
その勇気を、あらゆる「すこやかさ」のためにつかいます。

2010.12.25 → 2014.7.19