amazon

  • エニアグラム 自分のことが分かる本
  • エニアグラムあなたを知る9つのタイプ(基礎編)

twitter

リンク

職場の整理整頓)おもいがけず、今のわたしに必要なギフトを得る

職場にて。
月に1度は引き出しを整理します。
隣の席の人がいない時間帯をねらって計画し、おもいきりやります。
書類は全部出して、半分を目標に捨てます。

昨日は半期の節目でもあったので、
日頃触ってなかったロッカーも含め、半日かけてお片付け。
書類から、なぜか取っておいた小物類から、もう捨てた捨てた。
引き出しもロッカーもそれぞれ半分くらい空きました。

捨てただけではなく、3つほど拾いモノもしました。

ひとつは、なぜかしまい込んでた書籍数冊。
オイシソウなものもあったので、ロッカーの空いたスペースに
見えるように格納しました。
計画してざっと読んで、できることを探してメモとったら処分します。

ふたつめは、7~8年前に社内および社外で
グループ研究活動に参加していたときのoutputです。
実はアタマというかキモチのなかで
「そのときはちゃんと熱心に研究してちゃんとまとめたけど、
 現実の仕事ではできてないな」
と思い込んでいました。

でも昨日ざっと読んでみたら、意外に
「もうできている・足りないところもある→この半年の課題にもできそう」
という中身でした。
なにより、
「ここに書かれていることを、なぜやる必要があるのか」という、
そのoutputに込めたパッションを思い出せたのはよかったです。
場所を決めて、すぐ読めるように引き出しに保存しました。

みっつめは、自分の仕事上の「業績評価」の記録。
半年に一度の上司との面接シート、その面接の結果ついた成績の表、
年度アタマにもらう等級と給与の表。
それぞれ過去16年位(ほぼ育休明けから)。
引き出しの奥につっこんでいて、過去だし捨ててもいいかと思ったけど、
今回はあえて、わかりやすい場所に保存することにしました。

思い込んだり、慣れてしまわないよう、
自分の経過を「見える」ようにする。
別に、過去にこだわるというのではなく、
決意あらたに次の半年にトライできるように。
半日かけて整理、整頓、掃除をした甲斐があったというもの。
よしよし。

ついでにいうと、

先週から、「仕事上で必要な紙類」を自分のスペースにしまい込まず、
フォルダの構造と廃棄期限を決めたうえで
同僚にファイリングしてもらうようにしました。
思いつきで始めたつもりだったのですが、

「ルールを決める・たえず改善する」
「適度に複数の人の手をいれる」
「第三者に見えるようにする」ことで仕事は改善する。
実はこれは昨日発見したoutputのコンセプトでもあったのです。

ものごとは意図しないタイミングで、
ある日変化することもあるかもね。

今日も皆さま、おすこやかに。

習慣になるにはタイミングがある

こんにちは。

最近、1年~5年前位のビジネス書を図書館で借りて、
1冊から数個「これはやってみよう」というのを選んで
実行してみています。

知識は、自分の経験を通してこそユニークなものになる。
これ自体、ビジネス本にのってたことの受け売りです。
で、そのうちのいくつかは面白い習慣として定着しつつあります。

毎日歩くことから始まって、毎日走ることへシフトできて、
体力も持久力もついてきました。
玄米食や味噌汁中心の食生活で、腸内環境もよくなりました。
早起きもできるようになったし、行動や判断も少し早くなったかな。

これらは半年前には想像してなかった習慣です。
これまで何度もやろうとして挫折してきたことも含まれます。
自分の努力もあるけど、
それだけが続いている理由ではないように思います。

早起きを可能にしたのは多分に「年齢」だし^^; 
毎日歩けたのは職場の先輩方から刺激をうけたり
全国の人たちと競い合ったから。
玄米食は大切な友人との出会いから。
毎日お風呂場とガスレンジの五徳を洗うのは、
プロのハウスクリーニングに入ってもらって一度キレイにしたら
コゲやヨゴレのつくのがもったいないと思うようになったから。

でも、ひとつの理由から、ひとつの行動ができるようになった、
のではなく、
全部、ぐるっとつながっているとおもうのです。
タイミングがよかったとしか、いいようがないとも思います。

習慣になるには、環境の整えることと、
それをできる・受け入れられるタイミングがあるように思います。
どんなに一生懸命にやろうと思ってもできなかったことを、
ある日突然、できるようになる。
逆に、できなくなることもある。

どんなにお金を積んでも、リバウンドしても、やめちゃったとしても、
それは「私がダメなんじゃない」。
環境やタイミングの整っていない、今はまだ、ということだってある。

習慣にできないことを、
自分の努力不足だとか至らなさだとかを理由にして責めない。
できていることを探して、もっと面白がっていれば少しずつ増える。
年齢すら!それを助けてくれる。
やらなくても、捨ててしまっても、いいことだってある。

大丈夫だよ、できるときにできるから。
というか、もう、できてるじゃんね。

これが習慣に対するわたしの今の考えだったりします。

なにか、あなたを支える習慣の生まれますように。
みなさま、どうぞ、おすこやかに。

人生初めてのクッキーづくり

おはようございます。

人生初めてのクッキーづくりに挑戦しました。
そんなことは、もっと幼少期に終わらせておけ
という感じですが

ネットでみた
ナッツを抱いたくまのビスケット
とてもかわいくて
つくるの簡単だっていうから、つい調子に乗ったわけです。

いや、しかし。

たしかに生地までは作れるのだけど、
どこまで延ばせばいいのか、とか
型ぬいたのはいいけど、ナッツ抱かせようとしたら
手とれちゃった、とか。
はっ、と気づくと、いい色越えた焼き上がり、とか。

友達に分けて「おーっ」とか言われてみようか
という下心は、今回は崩壊^^;
家族にすこしあげて、
後は自分で食べました。
味は、まあまあでした。

これから、友達の手づくりお菓子を
おいしくいただくだけでなく
より、実感をこめて感謝の意を表せそうです。
というだけでも、やってみた甲斐はありました。

なにごとも、やってみて初めてわかる、ということで。

今日もみなさま、おすこやかに。

毎日の記録をつけることでていねいに暮らす

おはようございます。

最近、

毎日の行動
(何を、どれぐらいの時間で)、
使ったお金、食べたもの

今日の予期せぬ成功
今日のよかったねぇ。を3つ
今日の学び
今日の感謝

を、毎日記録しています。

コミュニティで教えてくれたこと
出会った本
自分自身の暮らしに実際起きたこと、
起きた気持ち

記録してふりかえると
身近なところに、
学ぶことはあふれていると思います。

本で学んだことは実際に試してみる
動く身体は積極的に動かしておく
実際にやってみる
それをふりかえる

なんだかめげる、だるい、ねむい、サボりたい、
食べちゃった、使っちゃった
そんなのもふくめて、私だな、と思います。

トータルで見ると
すこしだけ、着実に、柔軟に、
行動や判断のできるようになった、
気がします、あくまで気がします、ですが。

記録する、そのこと自体で、
ていねいにくらすことができます。

寒いときには、秋さきどりの服装で。
どうか皆さま、おすこやかに。

100歳にして次の30年の創作を準備していた平櫛田中(ひらくしでんちゅう)

こんにちは。
小平に住む友人に「小平市平櫛田中彫刻美術館」を案内してもらいました。
玉川上水の静かな道を、住宅街へさらに少し入ったところにあります。

平櫛田中(ひらくしでんちゅう)は
大正、昭和にかけて多くの名作を生み出した彫刻家です。
晩年の10年弱は小平に住んだとのこと。
美術館に隣接する平櫛田中の旧宅も見学できます。

どの彫刻も、
人間の身体と、心や魂のありようまで形に表わされるようです。
作品の表情も、柔和さ、厳しさ、狡猾さ、
その多様さにひきこまれました。
シュッっと衣擦れの音のしそうな、着衣の襞(ひだ)の感じもすばらしいです。

旧宅では、およそ余計な装飾のない、
しかし風のよく通り、すべて落ち着いている様に、
旧き佳き昭和を懐かしく感じました。
そして何より打たれたのは、
平櫛田中100歳のとき、あと30年創作できるようにとりよせたという
クスノキの大木の一部。
舞踏家の武原はんさんを彫る話は当時かなり具体化していたとか。

命は終わるし、時間は有限。
田中の手による武原はんさんの姿は観られない。その絶対さ。
それでも形と魂の続いていくようなこのクスノキ。

この5月、
NHK朝ドラで、卒業する主人公に校長先生の送った言葉が話題になりました。
特徴的だったのは以下の一節でした。
「人生は進歩です。
若い時代は準備のときであり、
最上のものは過去にあるのではなく将来にあります。
旅路の最後まで希望と理想を持ち続け、進んでいく者でありますように。」
平櫛田中の作品群とクスノキから、上記の凜とした言葉も思い出しました。

これまでを懐かしく思う気持ち。こうありたいという気持ち。
気づいている・気づいていないに関わらず、今持っている力。
どれも大切に活かして、精進の日々を送りたいです。
自分の寿命は誰にもわからないからこそ、
まずは今日はよろこびの日。

今日も皆さま、どうぞおすこやかに。

記録をとっているとどう活用しようかとわきあがる様々な望み

突然ですが、最近、記録魔です。

毎日の、
きょうは計画どおりいったの、いかないの、
動揺したときは何を思って回復したか、
きょうは何を選び何をつくり何を食べ、どんな走りをして、
何にお金を使ったか
何をしてたときワクワクしたか、集中したか、
を記録していると

この、わたし、という資源を
もっと活用したくなってきます。

一ヶ月、三ヶ月、半年スパンで
仕事で、どこまで、何をしたいか、
そもそも、もっと、
身体動かしたい、人と関わりたい、もっと知りたい、学びたい、整えたい

どこで、どうありたいか
もっと動けるように、もっとしなやかで
軽やかで、静かでありたいとか

私という資源を、どこに、どう活かすかを、クリアにしたい。

わきあがる、さまざまな望みであることよ、です。

重要なタスクから手をつける、具体策は?

おはようございます。

職場で、To Do Listを、テキストファイルに打ち込んでいて
この一ヶ月くらい
◎:この半期の重要課題関連
◇:今日とびこんだ仕事
という印をつけてみました。
定型に近い業務ももってるので、印のつかないタスクもあります。

時間じゃなくて数の割合だけど、
◎が、最初の一週目は全タスクの23%位だったのに、
先週は17%を切ってました。た
だいたい、23%も何だか納得いかないわ。
もっと、ビンには大きな石から詰めたいもの。

昨日は少し意識的に、◎の仕事を選んで集中しました。
対策としては、
遊んじゃう、他のことにフラフラしちゃうのを、自分で認めて、一回そっちに振り切ってから、戻ってくること。
それと、やる前に気持ちのハードルを高くしないこと。手をつけさえすれば、◎はつくからね、と。

うまくいったので、今日も継続。

今日もみなさま、おすこやかに。

毎朝のジョグ

おはようございます。

春からはじめた毎朝のウォーキングを
6月から少しずつジョギングにシフト。

はじめはまず、走れる時間を少しずつのばし
次に、一定の距離を毎日走るようにして、
最近は、スプリットタイムにも気をつけるようになり

毎日、ゆるく、テーマというか、
目標のようなものを持ってるのも
続いてる秘訣かと思います。

それと、記録をつけることも
継続に一役かっていて
そういう意味で、アプリは、便利。

一日の走りはじめはけっこうシンドイです。
もう、今日はやめとこうか、とも思う。
それでも、だんだん、心臓うまいこと追いついてくると
気持ちも、あがってきます。

昨日は音楽をシャッフルでききながら。
もう、グッと気持ち上がって、走りも上がりました。

気持ちと身体の相乗効果を味わえます。
朝の空気も、空も、いいしね。


今日もみなさま、おすこやかに。

掃除)プロの手を借りて「見て見ぬフリ」をやめるデトックス

こんにちは。おひさしぶりです。

最近、自宅の模様替えを機に、モノを捨て、モノがうごき
それにしたがって、掃除のできる空間が増えてきました。

掃除って、ある程度、空間がないと、できないです。
・・・というくらい、レベルの低い話ではあるけど
いや、だからこそ!ということで続けます。

エアコンから黒いほこりがぼたぼたおちてくる、という
シンジラレナイ現象を、数年見て見ぬフリをしたのも
エアコンの下に脚立をおく「空間」をつくれなかったからです。

それが、掃除を重ねるにしたがって、できてきた。
このチャンスを逃したら、もうエアコンは掃除できない。
ということで、プロを頼みました。

私はコープみらいの組合員なので
コープサービスのハウスクリーニングへ。
http://service.coopnet.or.jp/home/01_seiwasyokai.html

20年近く使っていて、シロウトの数回の掃除はあまりパッとせず
以来、まったくあきらめていたエアコンの
壮絶な、なんだかわからないまっくろなヨゴレは、一掃。
私の長年のストレスも一掃♪
エアコンはとくに、フィルターの奥の、熱交換機については
プロにまかせたほうがいいと、つくづく思いました。

プロの掃除を、この目で具体的に観る、ということも
けっこう勉強になりました。
実行するまでの準備、そして具体的な手順。

なにより、よく冷え、空気のキレイになる実感!

いったんキレイになると、
そのエアコンをちゃんと「自分でみる」ことができます。
マメにほこりを払うとか、定期的にフィルターを掃除するとか
そういうことが、できるようになります。
掃除に対するハードルが下がり、モチベーションがあがります。

「具体的な掃除の手順をみられた」ワタシは
今朝は、換気扇の掃除を自分でやってみたりして
できちゃいました。ちゃんとファン外して洗えました。

つまり、
プロに頼むと、自分の掃除力もアップする!のです。
悩んでいないで、手がつけられる。
完成形をイメージして、小さな一歩を踏み出せる。

お掃除しなくちゃ・・・でも・・・とこころを重くしたときは
一度プロを頼んでみるのは、有効だと思いました。
「見て見ぬフリ」エリアを少なくすることは
「掃除しなくちゃ」というこころの負担を軽くする
何より、わたしのデトックスでもありました。

今日もみなさま、おすこやかに。

作品で伝わるもの

おはようございます。

その人のひととなりというか
存在もすばらしい

一方でわたしは
その人のつくるoutputというか作品の
完成度や存在感に
シビれます。
人直接だと、少し刺激の強いとき
モノを介して近づいていきます。

作品には
絵画でも写真でも工芸でも
映画でも小説でも演劇でも音楽でも
プレゼンのスライド一枚、
表計算ソフトのシートの構成、
ブログの一片でも

なにかを確かに込めたもの、
あるいは相手にゆだねたものを受け取ると
そこにひかれます。

人はそこにいなくても、作品はあって、
めぐりめぐって、受け取る人のどこかになる。
力づけたり、支えたり
微笑まれたり、気を引き締められたり
惹いたり、疎まれたりする。

作品は、いい。
そういう何かを、つくりたいと思うし
受け取れる器でいたいです。

ひと直接も、もちろんいいけどね。

今日も皆さま、おすこやかに。

«今年の初日の出のこと